シンカ フットマッサージャー口コミ分析!本場台湾のマッサージの特徴とは?

シンカ フットマッサージャーは口コミで「サイズが合わない」などの声があります。

ただ、悪い評価をしている人もいますが、まだ実際に使ってみた方の人数が少ないので、あまり気にすることはないでしょう。

シンカ フットマッサージャーは本場台湾のマッサージ機能を取り入れたのが大きな特徴

歪みをなくしていくのに効果的と言われている大半敷リフレクソロジーで本格的なケアを目指してみましょう。

シンカ フットマッサージャーの口コミ評判から分かること

シンカ フットマッサージャーを実際に使ってみた方の口コミ評判では「サイズが合わなかった」などの声がありました。(以下内容はそのまま、誤字脱字は修正して引用しています)

サイズが合わなかった

とっても足の長い方じゃないと合わない設計でした。。長身のスタイルのいい友人でもサイズが合わなかったです

転載元:Amazon-2022年1月

シンカ フットマッサージャーはデザインが優れていてカッコいいのですが、その反面、サイズが合わないという声もありました。

ただ、口コミ件数が少なく参考にはならないです。

5段階中「5」の評価をしている方もいるので、自分の感覚を大事にした方が満足できるでしょう。

>>シンカ フットマッサージャーの口コミをもっと見る
(ページ中段「商品レビューを見る」よりご覧いただけます)

シンカ フットマッサージャーの特徴は台湾式なところ

台湾式リフレクソロジーを感じられるのがシンカ フットマッサージャーの大きな特徴。

痛みを伴う足裏刺激というイメージが強い台湾式ですが、実は身体のバランスをとても重視しています。

ただ単に強く揉むというよりは歪みをなくしていくのが本来の特徴。

脚を真っすぐにすれば身体も真っすぐなるもの。

血液が滞りかけた状態が最も早く現れるのが心臓から一番遠い脚とされているから、しっかりと刺激を与えて血流を促す必要があります。

脚に効果的な刺激が加われば自然治癒力が高まり、脚に溜まった老廃物を流したり、自律神経の障害を取り除くことにもつながる。

そんな細胞の活性化を促す効果が台湾式リフレクソロジーなのですね。

選べる5つのコースで自分好みのケアが出来る

多彩なコースで自分好みのケアが可能なのがシンカ フットマッサージャーの魅力の一つ。

1.足裏集中コース
2.ふくらはぎ集中コース
3.くつろぎコース(弱)
4.いきいきコース(中)
5.ひきしめコース(強)

ピンポイントケアから、強さを3段階に分けたコースまで、その日の自分の体調や気分に合わせて選択することが可能。

「台湾式は気になるけど痛いのは嫌」という人も「とにかく強い刺激が欲しい!」という人もどちらのニーズにも応えてくれます。

また、ヒーター機能が搭載されていて、より効果的なマッサージをサポート。

操作も簡単でボタンでサッと調整できるから、感覚的に使いこなすことができますよ。

もみほぐし、ツボ押し、ローリングなど、様々なマッサージ機能を体験していきましょう。

シンカ フットマッサージャーはダイエットにも効果的

ツボ押しが出来るのはシンカ フットマッサージャーのメリットの一つ、特にダイエットしたい方にとっては嬉しいものになっています。

例えば、足裏の親指の付け根には「甲状腺」というツボがあり、この部分は「元気を出すツボ」とも。

甲状腺のツボは脳や心臓、肝臓に働きかけて新陳代謝を活発にし、新陳代謝のホルモンを分泌することで脂肪を燃焼させます。

つまり、ダイエットにも効果的なツボなのですね。

エアーバッグに加えて独自の「足裏もみメカ」で足裏を力強くゴゴリゴリと揉みほぐすから、健康的な身体をサポートしてくれますよ。

足裏マッサージで全身健康が目指せる

シンカ フットマッサージャーの説明画像
足ツボは部位によって期待できる効果が違うので、刺激することでより効果的に身体の不調を解消させることが目指せます。

例えば、かかとのツボには眼精疲労や胃腸の具合、不眠などの症状に悩んでいる方に効果的。

また、足裏から足首、ふくらはぎにかけてリンパを流すことで、身体の不調はもちろん、気持ち良さからリラックスできる精神的なメリットも受けられる。

ツボは種類が多くどこに何のツボがあって何に効くのかを把握するのは大変です。

でも、シンカ フットマッサージャーなら自分で何も考えなくても勝手に気持ち良いところを刺激してくれるから、満足のいく使用感が味わえますよ。

シンカ フットマッサージャーのデザイン性が高い

シンカ フットマッサージャーは世界が認めたプロダクトデザイン。

2017年の全世界の工業製品などを対象に優れたデザインを選定する「iFデザイン賞」を受賞しています。

ドイツの最高峰デザイン賞で、世界的にも最も権威のあるデザイン賞の一つとして数えられる「iFデザイン賞」なので、見た目重視でインテリアを選ぶ人も満足できますよ。

シンプルだけどスタイリッシュだし、確かに部屋に合ったら興味をそそられるデザインですよね(゜.゜)

カラーやサイズなどスペックをチェック

シンカ フットマッサージャーのレッドカラー画像

カラーはベージュとレッドの2色。

どちらも落ち着いた色味をしているので、どんなお部屋にもあいます。

意外と和室にあってもいいアクセントになりそうですね。

また、サイズは(約)横49×奥行59cm×高さ48.8cmで、重さは約18kg。

本社が台湾にある海外ブランドなので、やや大きくて重たいのが気になるところですが、持ち運びしないのなら気にすることはないでしょう。

シンカ フットマッサージャーの類似品でおすすめはある?

シンカ フットマッサージャーは日本では珍しい台湾式のフットマッサージャーなので、類似品と呼べる商品はありません。

オリジナリティの高いフットマッサージャーです。

ただ、足裏からふくらはぎを本格的にマッサージしてくれる商品としては『エアモ』はおすすめ。

足裏には両足で合計100個以上の大小の指圧突起があり、しっかりとツボを押してくれます。

また、太ももまでマッサージしてくれるから、下半身全体でリラックスしたいという方にはぴったりですね。

医療機器認証もされていて効果効能も期待出来るので、台湾式にこだわりがないのなら注目です。

エアモは口コミ評判で3つの点がおすすめされるフットマッサージャー
スライヴ『エアモ(MD-8765)』は「太ももまでマッサージできるのが良い!」などの点で高い口コミ評判を獲得しています。エアモは医療機器認証で脚の疲れをとる効果が期待出来るので、最高のフットマッサージャーが欲しい方や良いプレゼントを探している方にはおすすめですよ!

シンカ フットマッサージャーのデメリットは価格が高いところ

性能も高く希少性も高いシンカ フットマッサージャーなので、価格が高いのがデメリットとしては挙げられます。

かなり優れたフットマッサージャーでも5万円くらいが相場ですが、シンカ フットマッサージャーの価格は11万9900円。

相場の倍近くの価格帯なので、正直高いですね。

ただ、それだけの価値はあるとも言えるので、予算に問題がないのなら、何も気にすることはないでしょう。

もし価格が高いと感じるなら、ユネスタの『キューブプラス』などもアリです。

コチラも『エアモ』同様、医療機器認証されているし、使わない時にはスツールやオットマンとしてインテリアにもなります。

邪魔にならないフットマッサージャーだから場所も取らないし、価格も2万円程度とリーズナブルなので、予算が限られているのなら候補に入れてもいいでしょう。

ユネスタ キューブプラスはエアーフットマッサージャーなのにパワフルで効果的!
ユネスタ レッグ&フットマッサージャーキューブプラスはエアーの数が多くてパワフル!しかも医療機器認証で効果効能も期待できるから、自宅でも本格的なケアが出来る!ユネスタ キューブプラスはスツールやオットマンとしても使えて邪魔になりませんよ。

シンカ フットマッサージャーはコストコか通販で販売中

シンカ フットマッサージャーはコストコジャパンで販売。

また、近くにお店がない場合は通販でも販売中なので、コチラを利用しても注文できます。

重さが18kgとかなり重いですし、通販でも1年のメーカー保証がついているので安心です。

 

シンカ フットマッサージャーは台湾式リフレクソロジーが自宅で体験できるのが最大の特徴。

台湾式は東洋医学のツボの要素があり、「強い刺激」を感じられるのが英国式など他のスタイルとは違います。

刺激が強い分、痛みを感じることもありますが、短時間で効果が得られるとも言われているので、「痛くても効果が出る方がいい!」という方にとっては最高のフットマッサージャーと言えるでしょう^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました