ドクターエア3Dエアストレッチマットの効果で不定愁訴の改善を目指そう!

ドクターエア3Dエアストレッチマットの効果は「振動×温熱×エアバッグ」で簡単にストレッチができるところ。

「なんとなく身体がだるい…」といった不定愁訴の改善に背中のストレッチは効果的

何となくのだるさはついつい放置しがきだけど、ドクターエア3Dエアストレッチマットがあれば日常的に対策ができる。

自宅で10分間、仰向けで寝るだけで背中を中心に上半身をストレッチして、身体も心もリラックスさせていきましょう^^

ドクターエア3Dエアストレッチマットの効果で背中をストレッチできる

ドクターエア3Dエアストレッチマットは背中の中心部分に1つ、腰から臀部にかけて左右2つのエアバッグを配置。

そのエアバッグの膨らみによって背中やウエスト周りをストレッチ。

「振動機能」「温熱機能」「3つのモード」によって、効率よくストレッチしてくれます。

【背中そらしモード】中央の一番大きなエアバッグが膨らみ、背中全体を持ち上げることで肩が下がり、背中をそらせるモード
【ウエストひねりモード】お尻の2つのエアバッグが交互に膨らみ、腰を持ち上げ、ウエストをひねるモード
【ミックスモード】背中そらし、ウエストひねりをミックスした総合モード
【振動回数】(約):[弱]2300回/分 [中]3500回/分 [強]4800回/分

 

ストレッチと言うと脚や腕を伸ばすことはあるけれど、「背中をストレッチしてどんな効果があるの?」と疑問に感じる人も少なくありません。

ですが、背中のストレッチは不定愁訴に関係するので、不調に陥らないようにするためにはとても重要なのですよ。

ちなみに、不定愁訴とは『原因がはっきり分からないけれど、なんとなく体調が悪い』という状態の事。

病院に行くまででもなかったり、診察したけれど特に異常が見つからないなどが不定愁訴に当てはまり、成人の20~30%ほどが該当するとも言われています。

不定愁訴の主な原因は自律神経の乱れ

不定愁訴は原因不明の不調ですが、その多くは自律神経の乱れによることが多いです。

基本は規則正しい生活を送ることで対処できますが、忙しい日々を送っていると、食事がきちんととれなかったり、睡眠不足が続いたり、運動する時間がなかったしますよね。

そんな時は背中のストレッチをすることで、自律神経を整えることが目指すこともできますよ。

自律神経は背骨と密接に関わっていて、背骨をこまめに刺激することで自律神経を整えられる。

何となくだるい気持ちを改善に向かわせてくれます。

ただ、背中のストレッチは一人ではなかなか難しい。

だからドクターエア3Dエアストレッチマットの手軽さが大事になってくるのですね。

ドクターエア3Dエアストレッチマットは1日10分寝るだけで使い方が簡単

ドクターエア3Dエアストレッチマットの使用画像
ドクターエア3Dエアストレッチマットは自宅で1日たったの10分寝るだけで、背中周りのストレッチが可能。

自分で動く必要もないし、10分という短さでボディメンテナンスが出来るから、忙しい人でも使えます。

もし、使っている最中に疲れて眠ってしまっても、自動オフタイマーが付いているから10分経ったら自動で電源が切れるから、電気代の心配もありません。

ドクターエア3Dエアストレッチマットがあれば言い訳が通じないので、忙しいや面倒くさいという気持ちがある方にはすごく相性の良いサポートアイテムと言えるでしょう。

類似品ならさらに本格ストレッチも可能

エアーの力でストレッチが出来るマットはいくつか種類があるのですが、類似品の中でも最もおすすめなのは『ナガラックス』でしょう。

『ナガラックス』がドクターエア3Dエアストレッチマットよりも優れているところは大きく2つ。

1つは『奥行きがある』ところ。

ドクターエア3Dエアストレッチマットは腰~お尻くらいまでの長さしかサイズがありませんが、ナガラックスはお尻~太ももくらいまでの長さがあります。

商品名 サイズ(約)
ドクターエア3Dエアストレッチマット 幅50×奥行き102×高さ8.8cm
ナガラックス 幅63×奥行き110×高さ12cm

サイズが大きい方がエアーの力も広くなるので、サイズの大きさはポイントになります。

どちらも使わない時は折り畳んでコンパクトに収納できて、邪魔になりません。

もう1つは『医療機器認証されている』ところ。

ナガラックスは効果効能の表示が認めらえた医療機器で、「疲労回復」「血行を良くする」「筋肉の疲れをとる」「筋肉のコリをほぐす」「神経痛・筋肉痛の緩和」などの効果が期待出来ます。

エアーマットで医療機器認証されている商品は他に見かけないので、より本格的なケアをしたい方にはおすすめですね。

性能が高い分、価格も高くなているのでその点は予算と相談ですが、ドクターエア3Dエアストレッチマットを上回るのがナガラックスだから、2つを比較して良いなと感じた方を選ぶと満足できるでしょう。

ナガラックスの口コミ評判!マッサージ&ストレッチで究極ボディメンテ!
ナガラックスはマッサージとストレッチでボディメンテナンスが出来るアイテム!強さが調整でき、取り合いになるくらいと口コミで評判になっています。ナガラックスがあれば自宅で本格的ケアが出来るから、お店に通う費用も時間も節約になりますね。

ドクターエア3Dエアストレッチマットのデメリットは上半身にしか使えないところ

デメリットを挙げるとすれば、上半身にしか使えないこと。

背中周りをストレッチできるのがドクターエア3Dエアストレッチマットの特徴なので、目的によってはあまり効果がない場合も考えられます。

例えば、不定愁訴のような体調を不良を改善したいのなら、背中のストレッチよりももっと全身でケアする方法を選んだほうが賢いし効率が良いでしょう。

不定愁訴は自律神経の乱れが主な原因で、乱れることによって頭痛や吐き気、下痢、意欲の低下などが起きます。

ならば、直接自律神経の乱れの改善を目指した方が効果的ですね。

例えば、ドクターエア3Dエアストレッチマットに興味を持っているのであれば、『イオネスプラス』のような電位治療器で自律神経の乱れを改善を目指すのは相性が良いと考えられます。

寝ている間に体調を整えてくれるアイテムなので、こういった改善方法も試す価値は十分あるでしょう。

イオネスプラスの口コミで分かる電位治療の効果とアルファとの違い
イオネスプラスの評判や悪い口コミなどを調べてみました。電位治療は効果なしという声もあるけれど、実際はどうなのでしょうか?また、イオネスプラスとイオネスアルファの違いなど気になる点もまとめています。

ドクターエア3Dエアストレッチマットで同じ姿勢で過ごす身体をリラックスしよう

ドクターエア3Dエアストレッチマットは背中のストレッチをすることで、不定愁訴の改善を目指せるという事。

なので、長時間同じ姿勢をとって、首や肩、腰など背中周りが凝り固まっている自覚がある方におすすめになります。

 

例えば、デスクワークやテレワークで長時間パソコンを使っている。

あるいは、テレビやスマホを同じ姿勢でずっと見続けているなど。

 

長時間同じ姿勢でいると身体は凝ってきて、身体が凝ると血流が悪くなって…というように体調不良に向かっていきます。

もし「画面の見過ぎで身体がだるいなぁ…」と感じているなら、ドクターエア3Dエアストレッチマットでしっかり身体をほぐしてあげましょう。

身体がほぐれると気分もほぐれて、ストレスの解消になります。

ストレスが溜まらないと自律神経も乱れにくくなるから、背中のストレッチをきっかけに自分の身体とメンタルをいい状態で保ってくださいね^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました