トトノエライトの赤い光の効果で寝ても眠い負のループから抜け出そう!

トトノエライトは「癒しの赤い光」を浴びて、心地よくリラックスした状態で眠りにつける。

赤い光はメラトニンを分泌する効果があり、メラトニンは眠りを促すホルモンなので、なかなか寝付けない時もスーッと眠りにつけるようになっていきます。

布団に入ったらトトノエライトが放つ赤い光を浴びて、眠りにつきやすい工夫をしてみましょう。

寝つきが良くなれば寝起きも改善されて、寝ても眠い負のループから抜け出せる。

気持ち良い一日の始まりを始めてみてください!

>>トトノエライトで睡眠習慣を変えてみる:公式サイトへ

トトノエライトの赤い光の効果で寝つきを改善

赤色の光は緊張を和らげ、癒しやリラックス効果を与えてくれる。

人間の体内時計は赤色の光を夜通し点灯していても睡眠には影響しないどころか、夕焼け色である赤色の光は寝る前の睡眠環境に最適な光であると注目されています。

また、冒頭でも書いたように赤い光は眠りを促すホルモンの『メラトニン』を分泌してくれるので、寝付きやすくなるのですね。

寝る直前に「明るい光」を浴びていると、目覚めを促すホルモンの『セロトニン』が分泌されてしまい逆効果。

部屋を暗くしても直前までスマホをいじっていると、しばらく寝付けないのです。

快適な眠りのためには「夜の過ごし方」が重要。

そのサポートをしてくれるのが赤い光を放つトトノエライトなのですね。

トトノエライトは目覚めも良くしてくれる



トトノエライトはもともと光目覚まし時計。

赤い光は、夜に寝付けるように新たに搭載された機能なので、気持ちの良い目覚めを手に入れる上でも大きな役割を果たしてくれます。

気持ち良い目覚めを手に入れるには「太陽の光」もしくは「太陽と同レベルの光」を浴びる必要があります。

太陽の光の明るさはおよそ2万ルクス、地上に届くころには約2500ルクスと言われていますが、日常生活で2500ルクスの明かりを手に入れるのは実は難しいのですね。

例えば、コンビニの照度は約1500ルクスで、太陽の明るさには届きません。

ましてや家庭用の照明は700ルクス前後なので、太陽と同じくらいの明るさは意外と身の回りにはないのです。

けれども、トトノエライトは太陽の光と同じくらいの明るさを放ってくれるので、朝にしっかり明るさを浴びることが可能。

朝起きてしっかりとした明るさを浴びると、目覚めも良くなるから、気持ち良い一日を過ごすことが出来るようになりますよ。

生活リズムの乱れから来る負のループから抜け出すには朝に強い光を浴びる

トトノエライトで朝に強い光を浴びることは、実は夜に寝付きを良くするのに非常に重要なポイント。

人は朝に「強い白色光」を浴びておくと、その14~16時間後に『メラトニン』が分泌される仕組みになっています。

つまり、朝起きてしっかり光を浴びることは、生活リズムの乱れを整えるのに重要な役割を果たしているのですね。

仮に毎日朝起きて光を浴びているつもりでも、天気が悪ければ「太陽の光」ほどの明るさはないし、毎朝ちゃんと起きているつもりでも意外と十分な光を浴びていないことが考えられる。

トトノエライトは朝ちゃんと起きているのにそれでも睡眠の質が低いと感じている人にもぴったりなのですね。

生活リズムの乱れから来る負のループはもちろん、毎朝ちゃんと起きられるけれど、体調が整っていないと感じているのなら、トトノエライトでマイナス要因を排除していきましょう。

トトノエライトは専用アプリで自分好みにカスタマイズ可能

専用のアプリ『TOTONOELIGHT』を使うことで、時間や光の加減などを細かく調整することができます。

例えば、曜日ごとに起きる時間帯が違っても問題ないし、光が強すぎると感じたら自分好みに調節して設定することが可能。

夜眠りに着く少し前の時間帯に赤い光が付くように設定していれば、「そろそろ眠らないと…」と夜更かし防止にもなるし、意識を睡眠方向へと向けることもできますね。

 

人は意識が変えることで物事を良い方向に進めることが出来るので、トトノエライトでそのきっかけを作ってみましょう。

意識が変わると行動が変わるし、行動が変わると運命が変わります。

何となく今の自分が上手くいっていないと感じているのなら、何かを変えなければいけません。

けれども、何を変えたらいいのか分からないと悩んでいるのなら、まずは睡眠習慣から変えてみましょう。

睡眠の質が変われば、日中の活動も変わってきますよ。

トトノエライトで新しい自分を探してみてくださいね。

>>トトノエライトで睡眠習慣を変えてみる:公式サイトへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました