本ページはプロモーションが含まれています。

触りたくない人のためのキッチン排水口のお掃除術と予防対策法

台所掃除の画像 掃除

キッチンの排水口は触りたくない部位ですよね。

でも汚れを放置すると詰まったり臭ったりして困るから、しっかり掃除はしておきたいところ。

定番でおすすめな方法としては『重曹とお酢』を使った掃除です。

キッチンにある身近なモノでもあるし、重曹の洗浄力とお酢の殺菌作用が相乗効果を発揮して汚れをキレイにしてくれますよ。

ただ、排水口の専用洗剤を使った方が汚れ落ち効果も高いし、触らないでキレイな状態を保つことも手軽に行える。

何より、詰まりや臭いの予防に役立つので、定期的な掃除をするなら専用洗剤の活用をおすすめします。

ここでは重曹とお酢を使った掃除方法や排水口掃除におすすめな専用洗剤について書いているので参考にしてください。

created by Rinker
¥8,756 (2024/02/21 14:19:43時点 楽天市場調べ-詳細)

キッチンの排水口に触らないで綺麗にする定番方法はお酢と重曹

キッチンの排水口に触らないで掃除する効果的なやり方の定番は「重曹とお酢」を使う方法。

重曹は『炭酸水素ナトリウム』とも呼ばれ、弱いアルカリ性を持っています。

この性質によって、油汚れや悪臭を取り除く洗浄力を発揮し、排水口の汚れや油分を分解して汚れを浮かせる働きがあります。

また、お酢は酢酸を主成分とする酸性の液体で、強力な脱臭作用や殺菌作用があります。

排水口の悪臭を和らげるだけでなく、殺菌効果によって細菌の繁殖を防ぐ役割も。

これら2つの成分を混ぜ合わせると、化学反応が起こります。

重曹(アルカリ性)とお酢(酸性)を混ぜることで中和反応が起こり、二酸化炭素と水が生成。

この反応によって泡が発生して、排水口内で汚れを浮き上がらせたり、力強く洗い流すことができます。

このように、重曹とお酢を組み合わせることで、それぞれの特性が相乗効果を発揮して、排水口の汚れを分解・除去し、悪臭を軽減することができるのですね。

やり方もとても簡単で、重曹大さじ2+お酢大さじ2を排水口に注いで15分くらい放置、最後にお湯を注げばOKです。

重曹とお酢の掃除方法は使い方も簡単で誰でもすぐに取り掛かれるのが嬉しいメリットですね。

デメリットは汚れ落ち効果は薄いところ

【重曹とお酢で排水口掃除をするデメリット】
1.混合時の反応による泡立ちや飛び散りのリスク
2.排水管への影響
3.強力な臭い
4.汚れ落ち効果が薄い

どんな掃除方法をしても「1~4」は多い少ないはあるけれど、必ず関係してきます。

そう考えた時、重曹とお酢での汚れ落ち効果の薄さはデメリット。

何度も繰り返し行わないといけないし、時間もかかってしまうので労力に対して得られる効果は低いですね。

なので、普段からこまめに掃除をしていて、そこまで汚れが目立っていないと感じているなら重曹とお酢での掃除方法はですが、汚れを放置していて落ちにくさを感じているのなら専用洗剤を使った方が良いでしょう。

キッチンの排水口の専用洗剤を選ぶ時のポイントは3つ

排水口の専用洗剤を選ぶ時のポイントは「油汚れに強い」「アルカリ性である」「ジェルタイプである」の3つ。

キッチンの排水口の汚れはほとんどが油。

フライパンやお皿についた油を食器用洗剤で洗い流した後、その油は排水口に付着しているのですね。

もし、排水口を覗いてみて白い塊があったら、それは油が蓄積して固まってしまっているので、早急に対策することをおすすめします。

なので「油汚れに強い」洗剤を選ぶのが大前提と覚えておきましょう。

また「アルカリ性」や「弱アルカリ性」の洗剤を選ぶのもポイント。

油は酸性なので、反対の性質であるアルカリ性の洗剤を使う必要があります。

排水口の掃除が出来る洗剤の中には中性洗剤もありますが、中性よりもアルカリ性の方が油汚れには効果的なので、「アルカリ性」寄りの洗剤を選んでください。

そして意外と大事なのが「ジェル状」の洗剤を使うこと。

キッチンの排水口は洗面台やお風呂場とは違い、下に細長い形状をしていることが多いです。

使い切りの粉末タイプだとキレイにしたい排水口の入り口付近に使いにくいし、液状タイプだとすぐに下に流れてしまいます。

ジェルタイプであれば粘性があってその場に留まる力があるから、最も効果的に油汚れを分解可能。

以上の事から「油汚れに強い」「アルカリ性である」「ジェルタイプである」という3つの基準で専用洗剤を選んでください。

市販と通販限定でおすすめの洗剤に注目

キッチンの排水口の洗剤の中で、スーパーやドラッグストアでも買える商品を選ぶならパイプユニッシュが一番使い勝手が良いですね。

パイプユニッシュにはいくつか種類があるのですが、中でもおすすめなのは「パイプユニッシュPROキッチン用」。

強粘度のジェルで留まる力にも優れているし、何よりも使いやすい。

中心がくびれたボトルだから持ちやすいし、ボトルから直接排水口に注ぐことも出来る。

さらに押す回数で容量をコントロールできるから、頑固な汚れにもそこそこ効果を発揮してくれます。

手軽さを重視したい人におすすめです。

created by Rinker
¥327 (2024/02/21 18:31:38時点 楽天市場調べ-詳細)

もし市販の排水口専用洗剤より強力な洗剤を探しているのなら、通販限定で手に入るスライムパンチはかなりおすすめ。

業務用レベルに限りなく近い洗浄力だけど家庭用として使えて、キッチンの油汚れにも強力に効果を発揮してくれます。

また、約865mlの大容量で、排水口のお掃除には原液で8回分使うことが可能。原液で使った場合は粘性も高いから留まる力も強いですよ。

汚れの程度次第だけど、仮に3ヶ月に1回のペースで使ったら2年間はキッチンの排水口の悩みから解放される計算になりますね。

created by Rinker
¥8,756 (2024/02/21 14:19:43時点 楽天市場調べ-詳細)

もっと言えば、スライムパンチは洗面台の排水口やお風呂のカビ、洗濯槽の汚れなどにも効果を発揮してくれるから、コレ1本あればトイレ以外の水回りの汚れは十分。

スライムパンチで落ちない汚れ&危険性を回避する2つの方法】でも書いているように強力な分、使い方や取り扱い方には気を付ける必要はあるけれど、本気でキレイにしたいと考えているのなら一度は使ってみるべきです。

まとめ:キッチンの排水口をキレイに保つために日々の予防対策をしよう

キッチンの排水口汚れを触らないで掃除するためには、定期的にお手入れすることが大事になります。

例えば、毎日の食事後や調理の際に、食べかすや油汚れなどが排水口に流れ込むのを防ぐために、食器を洗う前に食べかすを捨てる。

あるいは、皿や鍋を洗う際に汚れを取り除くよう心掛けましょう。

フィルターを設置することで食べカスや大きなゴミが排水口に入るのを防いで、詰まりを防ぐなどの対策をしておくのも必要ですね。

それでも、汚れてしまうものなので、先ほど紹介したパイプユニッシュやスライムパンチなどの洗剤を使って定期的な掃除をしてください。

定期的な排水口のチェックやクリーニングをすることで、詰まりや異臭の原因を早めに見つけて解消することができます。

これらの予防法や対策法を実践することで、キッチンの排水口を清潔に保ち、詰まりや悪臭を防ぎましょう。

定期的なお手入れと予防策は、排水トラブルを未然に防ぐためにすごく大事だし、キレイな状態がキープできると生活していて気分も良いです。

気持ちが後ろ向きにならないし、毎日を楽しく過ごすためにもキッチンの排水口汚れに悩んでいるなら、すぐにでも行動を起こしてみてください。

★注目記事をピックアップ

排水溝の小さい虫はパイプユニッシュと熱湯で駆除と対策できる
小さな虫を駆除するためには排水溝を綺麗な状態に保つことが大事。パイプユニッシュなどで汚れを落とせば、小さな虫の発生源がなくなるから駆除することができますよ。排水溝に発生する小さい虫はパイプユニッシュと熱湯で駆除&対策しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました