本ページはプロモーションが含まれています。

ワンダフリーベルトは穴無しのデメリットのダサいを解消しておしゃれ!

ワンダーフリーベルトのサムネイル画像 アウトドア

ワンダフリーベルトは穴無しベルトのデメリットと言われる『ダサい』ところを解消したおしゃれなベルト。

シンプルで高級感があるデザインでありながら、リバーシブル仕様でシックなブラックと上質な雰囲気のブラウンでシーンによって使い分けられます。

ビジネスやフォーマルな時はブラックでバッチリ決めて、プライベートやカジュアルな時はブラウンでワンポイントにおしゃれしてみる。

2種類の使い方が出来るから、1本のベルトを使いまわしても仕事とプライベートを分けられるのも嬉しいですね。

ワンダフリーベルトは穴無しベルトのネガティブなイメージを払拭してくれるベルト。

ベルト1つで気分が変わる体験を味わってみてください。

created by Rinker
¥10,856 (2024/07/17 11:41:04時点 楽天市場調べ-詳細)

ワンダフリーベルトは穴無しベルトのデメリット『ダサい』を解消しておしゃれ

ワンダフリーベルトは牛床革のシンプルで高級感のある穴無しベルト。

「穴無しベルトはダサい」というイメージを持たれがちで、何となくデメリットを感じてしまう人もいるけれど、ワンダフリーベルトならその気持ちは湧きません。

注目ポイントはリバーシブル仕様でカラーを選べるところですね。

シックな「ブラックカラー」と上質な「コニャックブラウンカラー」のリバーシブルになっていて、カジュアルでもフォーマルでもビジネスでも、シチュエーションを選ばずに愛用できるのが魅力的です。

バックルを回転させてクルッと回すだけで切り替え可能だから、気分や服装にあわせて簡単にカラーが変えられる。

仕事用とプライベート用で使い分ければ、気持ち的にも仕事とプライベートを分けることが出来て上手に切り替えることも出来るし、その日の気分や服装に合わせてカラーを選ぶことも出来る。

ベルト1つで気持ちが切り替えられる人は非常にスマートでカッコイイですよね。

ところで、穴無しベルトのデメリットを聞くと「なんとなくダサい」という声を耳にしますが、これってなぜでしょうか?

穴無しベルトは調節が簡単で便利さでは穴あきベルトよりもメリットがあるのに。

おそらく、この『ダサい』という言葉には2つの意味が含まれていて、1つは「デザインがダサい」、もう1つは「穴あきベルトと比べてダサい」という意味。

前者の「デザインがダサい」についてはワンダフリーベルトなら解消できるので、気にすることはありませんね。

では後者の「穴あきベルトと比べてダサい」という所は本当なのかを確かめてみましょう。

穴あきベルトと比較してマナーが悪いって本当?

穴無しベルトが穴あきベルトと比べてダサいと言われるのはデザインではなく別の意味、要するに「マナーがない」という意味でダサいと言われています。

でも、本当に穴無しベルトはマナーが悪いのでしょうか?

・・・どこもマナーが悪いところなんてないですよね。

ベルトに穴が開いてるか開いてないかでマナーの良し悪しが決まる要素なんてないし、少なくとも私は仕事や冠婚葬祭で「この人、穴無しベルトでマナーがなってないな」なんて一度もありません。

そもそも、相手がどんなベルトをしているなんて覚えてません。(派手なベルトで身の丈に合ってないと覚えてたりしますが…笑)

つまり、ベルトの穴の有無はマナーには関係しないのですね。

何となく昔は穴あきベルトが当たり前だったからだけで、現代の主流になりつつある穴無しベルトを身に着けても何も問題ありません。

穴無しベルトがダサいという発想自体が、もうダサくて古い価値観で恥ずかしいものになってきているでしょう。

【ワンダフリーベルトの基本スペック】
サイズ:(約)バックル部分:(約)9×幅3.5cm
ベルト部分:(約)132×幅3.4cm

適応ウエストサイズ:(約)71~116cm
重さ:(約)220g
カラー:ブラック×コニャックブラウン(リバーシブル仕様)
価格:税込9,800円

ワンダフリーベルトはミリ単位で調節可能だから快適さが違う

ワンダフリーベルトはバックルを少し持ち上げてベルトをスライドさせるだけでミリ単位の調節が可能。

スライド式唯一のデメリットのカチカチ音も、指で押さえながらずらせば音を抑えられるし、調節が簡単だからいつでも身体にジャストフィットします。

穴あきベルトと違って細かい調整が出来るから、食事の際や食後にお腹周りが苦しくなった時も、今の自分のコンディションに合わせて一番快適な状態をキープできる。

もっと言えば、仕事で集中したい時はいつもよりしっかりベルトを締めることで気合が入って集中して作業に取り組めるようにもなります。

ハチマキや靴ひもを結ぶなど「締める」行為は気持ちを引き締めてくれますからね。

ミリ単位で調節できるワンダフリーベルトは身体を快適な状態にするだけでなく、気持ちも最適な状態にしてくれるベルトと言えるでしょう。

他にも

・サイズ調節がいらないからベルトが傷む心配がない
・穴がボロボロになる心配がないからスタイリッシュな雰囲気をキープできる

などのメリットもあります。

比較すればするほど穴あきベルトよりも穴無しベルトの方が優れていることが分かってきますね。

ワンダフリーベルトの口コミ評判から分かること

ワンダフリーベルトの総合評価は以下の通り。

【総合評価5段階中4.20(レビュー数:5件)<2024年6月時点>(「ダイレクトテレショップ公式サイト」参照)】

評価値 件数 割合(小数点以下切り捨て)
5(最高) 1 20%
4(良い) 4 80%
3(普通) 0 0%
2(イマイチ) 0 0%
1(悪い) 0 0%

ワンダフリーベルトを実際に使ってみた方の口コミ評判では「服装に合わせて使い分けられる」ところや「締め付け感の無さ」が評価されています。

一方で「使う前に長さ調節が必要な場合がある」ところが悪い口コミとして挙げられていました。(以下内容はそのまま、誤字脱字は修正して引用。個人の感想になります。)

評価できる口コミ①「服装に合わせて使い分けられる」

リバーシブルになっているので、服に合わせて使いわけできる。

転載元:ダイレクトテレショップ公式サイト-2023年7月(70代・男性)

服装に合わせてコーディネートできるのは口コミでも評価。

リバーシブルでブラックとブラウンを選べるから、どんなシチュエーションでも困ることはありませんね。

リバーシブルでフォーマルでもカジュアルでもどっちにも対応しているベルトはあまり見かけないので、希少性も高いベルトと言えるでしょう。

評価できる口コミ②「締め付け感がない」

主人のお腹周りには最適です。ワンダーフリーベルトがあって本当に良かったです。

転載元:ダイレクトテレショップ公式サイト-2023年9月

ミリ単位で調節できるから締め付け感を感じることはありません。

食事の時にベルトを緩める行為は少し恥ずかしさもあったりするけれど、ワンダフリーベルトならさりげなく調節することができるから周りにバレずにベルトをいじれるのも良いですね。

悪い口コミ①「使う前に長さ調節が必要」

ベルトの穴が無いので自由が利いて使いやすいです。ただ、使う前の長さ調整が手間取りました。

転載元:ダイレクトテレショップ公式サイト-2023年9月(50代・男性)

ウエストが細い人だとベルトが長くなることがあるので、使う前に長さを調整する必要はあります。

不器用な人だと手こずることもあるけれど、動画を観ても分かるように意外とベルト調整のやり方は簡単ですよ。

しっかり目印さえつければ失敗するリスクも少ないので、悩むことはありません。

>>ワンダフリーベルトの口コミをもっと見る
(ページ中段「商品レビューを見る」よりご覧いただけます)

ワンダフリーベルトは1本使い勝手の良いベルトが欲しい人におすすめ

ワンダフリーベルトをおすすめする人は以下の通り。

・穴無しベルトでもおしゃれなものを身に着けたい人
・ミリ単位でベルトを調節したい人
・仕事でもプライベートでも使えるベルトを探している人
・ベルトの劣化が早くて悩んでいる人
・1つのベルトで気分を切り替えたい人 など

ワンダフリーベルトはおしゃれで調節が簡単で、仕事でもプライベートでも使えるから、1本あると本当に便利なベルト。

ベーシックなベルトとして1本は持っておきたいですね。

いま使っているベルトをワンダフリーベルトに変えるだけで、快適な生活を手に入れられるのは嬉しいポイント。

また、ワンダフリーベルトは海外発のベルトで、日本では通販でのみ輸入販売されています。

海外からの輸入商品は偽物が多いのがデメリットだけど、ワンダフリーベルトはテレビショッピング番組でもおなじみのダイレクトテレショップで取り扱っています。

ダイレクトテレショップは海外の人気商品を日本で正規輸入代理販売しているので、安心してお買い物も出来ますね。

ダイレクトテレショップに関して詳しくは【ダイレクトテレショップ完全ガイド!お得な商品販売情報から放送予定まで】の記事で書いているのでご覧ください。
穴無しベルトはスーツ販売店でもメジャーになりつつあります。

一度使うと穴あきベルトには戻れないくらい便利なので、初めて体験する人はぜひ違いを堪能してください。

created by Rinker
¥10,856 (2024/07/17 11:41:04時点 楽天市場調べ-詳細)
タイトルとURLをコピーしました