エアドッグ空気清浄機に嘘はない?消費者庁の注意喚起で分かる信頼性

エアドッグはCMやテレビショッピングなどで話題の空気清浄機ですが、性能が高すぎるためか怪しい感じや胡散臭い印象を受ける人も多いです。

けれども、消費者庁の注意喚起で示されているように『新型コロナウイルスに対して効果的』などは謳っておらず嘘の情報を発信してはいません。

『ウイルスよりも小さい微粒子も除去できる特徴』をコロナと関連付けて捉えてしまう人がいただけなのですね。

空気清浄機としてはかなり高性能で、たばこや花粉、PM2.5などのウイルスに対応してくれることは事実。

『空気清浄機を使って健康的に過ごす』という意味では、エアドッグを選ぶ価値は十分にあります。

エアドッグ空気清浄機が嘘臭く感じる2つの理由

性能の高い空気清浄鏡を探してエアドッグにたどり着いた方も多いですが、何となくの印象で嘘臭さや胡散臭さを感じている方も多いようですね。

では、なぜエアドッグが嘘臭く感じてしまうのか?

その理由を整理すると2つの理由が分かります。

性能が高すぎて怪しい

エアドッグの最大の特徴はウイルスの6分の1サイズの微粒子を除去できるところ。

ウイルスのサイズは0.1マイクロメートルとされていますが、エアドッグは0.0146マイクロメートルまで除去可能。

この圧倒的な除去力に注目が集っているのですね。

また、アメリカで特許取得の世界初TPAフィルターを搭載

電磁場をつくることで有害物質を帯電させ、磁石のようにフィルターに吸着させます。

※TPAフィルターとは?
TPAとは、Twin Pole Activeの略であり、世界的に認められている技術です。二極の電極を使用して、電磁場を生成することで汚染物質にプラスイオンを帯電させ、マスクを通過する0.0146μmのカビ、ホコリ、ウィルス、バクテリアまで吸着させる事ができます。

確かに性能が高すぎると嘘臭い感じを受けますが、エアドッグは性能と比例して価格も高いです。

一般的な空気清浄機と比較してかなり高額ですし、もともとは飲食店や病院など広い空間(31畳~)で使うことが想定されているので、性能が高くないと意味がありません。

だから、もし性能が高すぎで怪しいと感じているのならエアドッグほどの高性能な空気清浄機は必要ないと考えることができます。

性能が高いのはウイルス除去率が高い他に『適応スペースが広い』ことも関係しています。

なので、もう少し適応スペースの狭い空気清浄機でも十分満足できますよ。

エアドッグのように業務用レベルのハイスペックでもう少し適応スペースが狭い空気清浄機だと、「Kirala Air(キララエアー)」は相性がいいでしょう。

『オゾン空間洗浄』と『空気清浄』の2つの機能を融合させたハイブリッド空気清浄機で、業務用だけでなく家庭用もあるのでチェックしてみてください。

>>次世代ハイブリッド空気清浄機『Kirara Air』公式サイト

製造会社や販売会社がどこの国かわからない

エアドッグに嘘臭い感じがするもう一つの理由は「製造会社や販売会社がどこの国かわからない」ところが関係しているでしょう。

確かに製造会社に関しては細かくは明記されておらず、製造は中国で行われていることだけわかっています。

ただ、これに関しては特に珍しいものではありません。

例えば、シャープの空気清浄機などでも製品の原産地は中国などアジア圏の複数企業がそれぞれの部品を作っていたりします。

もっと言えば、AppleのiPhoneやiPadも中国製ですので、中国製だからと言って品質が悪いということもありません。

なので、製造会社に関しては気にすることはないでしょう。

 

また、販売会社は日本のトゥーコネクト株式会社が正規代理店。

偽物が多い海外製の商品でも、正規代理店で取り扱っている商品であれば安心してお買い物ができますよ。

もっと言えば、エアドッグはもともとクラウドファンディングサービス「Makuake」で販売開始された空気清浄機。

PR TIMESでも話題になったほどの商品ですから、必要以上に不安に感じることはないでしょう。

消費者庁で注意喚起しているコロナ対策に関する内容を確認してみた

信頼できる商品ということはわかりますが、念のため消費者庁での注意喚起も確認してみました。

詳しくは参考元のPDFを確認していただければと思いますが、消費者庁の注意喚起に書かれていた「新型コロナウイルスに対して効果的」などはエアドッグでは謳っていません。

 

「コロナ対策として効果的だ!」なんてニセ情報が勝手に出回ったこともあったようですが、販売元でもコロナ対策に効果があるとは一言も言及していませんし、嘘の情報と判断できるでしょう。

おそらく、ウイルスのサイズよりも小さいものを除去できることから、コロナに効果的だと勘違いされた方もいたのだと予想できます。

 

コロナに関してはどんなウイルスか明確にわかっていないので、空気清浄機に限らず他の製品も効果があるとは言えません。

この点はしっかりと理解しておくといいですね。

ただ、コロナ対策に直接効果はありませんが、ウイルス対策としてはエアドッグは優れていますから、健康的に過ごすためのサポートはしてくれるでしょう。

なので『信頼できる商品』と言えます。

エアドッグに興味を持っていて「この空気清浄機が欲しい!」と考えているのなら、正規販売元で購入すれば偽物を買うなどの心配もないですし、安心してお買い物が出来ますよ。

>>エアドッグ正規販売店はコチラ:楽天市場

エアドッグx3sとx5sの比較でわかる違いはサイズと適応スペース

エアドッグの購入を決めている方は機種の違いを理解しておくのがおすすめ。

エアドッグにはx3s、x5s、x8 PROの3機種があるのですが、その違いは簡単に言えばサイズ(重さ)と適応スペースとなります。

以下に簡単に表でまとめておきました。

【エアドッグの機種の違い】

機種 x3s x5s x8 PRO
ウイルス除去 99.8%以上 99.8%以上 99.9%以上
適応スペース 31畳(48.6㎡)/30分 42畳(65㎡)/30分 139畳(214㎡)/30分
運転音 22.3~46dB 22.3~51dB 26~505dB
サイズ 高さ:52cm

奥行:26cm

幅:26cm

高さ:65cm

奥行:31.6cm

幅:30.6cm

高さ:76cm

奥行:38cm

幅:38cm

重さ(本体) 7kg 10.7kg 19.7kg

選び方としては、狭い範囲で使うならx3s、広い範囲で使うならx8 PROというイメージ。

例えば寝室や子供部屋など比較的狭い空間で使うならx3s、リビングや会議室など比較的広いスペースでも使うならx5s、店舗やオフィスなど商業用で使うならx8 PRO。

こんなイメージで選ぶと適材適所のエアドッグを選択できます。

表で紹介したサイズや適応スペースを参考に自分にあった機種を選んでみましょう。

>>自分にあったエアドッグの機種を探してみる

エアドッグを使ってみた方の口コミ評判5選からわかること

エアドッグを実際に使ってみた方の口コミ評判を見てみると「とにかくパワフル!」「飲食店で使えるくらい安心!」「静音性や反応が高い!」など高く評価されていることがわかります。(以下、内容はそのまま一部読みやすくして引用しています)

とにかくパワフル!

とにかくパワフル!音もそんなに気にならない程度。購入してまだそんなにたってないのでフィルター掃除はしていませんが、そんなに難しくなさそうです。

転載元:Amazon-2021年3月

性能的には「一度掃除をした際に真っ黒な汚れが出たので期待できるのかな?」と思っています!

転載元:Amazon-2021年1月

エアドッグは性能の高さが抜群に高いことが口コミからも分かります。

掃除機のダイソンのように海外ブランドならではのパワフルさがウリの空気清浄機というのが伝わってきますね。

飲食店で使えるくらい安心!

飲食店で使用。通常と異なるにおいを感知した場合、真っ赤に点灯しお知らせしてくれる。とても安心して使用しています。

転載元:Amazon-2021年1月

衛生管理を徹底しなければならない飲食店でも使われているのは、その性能の高さを表していますね。

自宅でも広いお部屋に設置する場合にはエアドッグは適しているかもしれません。

静音性や反応が高い!

医院の待合室で使用していますが、コンパクトで強力。静音性も良く、メインテナンスも水洗いでオッケーなのでコスパもグッド。自宅用にもう一台買おうと考えています。

転載元:Amazon-2020年12月

空気の汚れだけでなくにおいにも敏感ですぐに清浄する。ちょっと高いが、買ってよかった。

転載元:Amazon-2021年5月

パワフルさがウリのエアドッグですが、静音性が高かったり、臭いに対する反応が早かったり、
意外と繊細な部分も持ち合わせています。

空気清浄機の音が気になる方もコレなら気にせずに使えそうですね。

性能の高さで言えばエアドッグはかなり高いと言えるでしょう。

それは医院や飲食店など空気の汚れに敏感な場所で使われていることからも分かりますね。

 

一方で、悪い口コミとしては価格が高いところが気になります。

性能が高いところや海外ブランドという点を考えると、コレは仕方がない部分です。

また、海外ブランドの空気清浄機なので輸入代理販売されていますが、スムーズに手続きが進まないと感じている方も中にはいました。

なので、空気清浄機が売れる秋から冬にかけての時期や春先の花粉が増える時期を避けて注文しておくとしっかり対応してもらえるのではないかと言えます。

性能に関しては最高レベルと言っても過言ではないので、自宅の空気をいい状態に保ちたいという方はエアドッグを選ぶ価値はあるでしょう。

口コミはここで紹介したもの以外にもありますので、他に気になる点がある方はチェックしてみてください。

>>エアドッグの口コミをもっと見てみる
(ページ中段「カスタマーレビュー」よりご覧いただけます)

エアドッグの電気代の目安は1ヶ月で約300円

空気清浄機は一日中回すものなので、電気代がどのくらいかかるのか?というところは気になりますよね。

調べてみたところ、24時間の連続運転で約9.7円となっていました。(目安)

仮に1日10円とした場合、1ヶ月の電気代の目安は300円となりますから、このくらいの価格で運転できるなら申し分ないのではないでしょうか。

また、エアドッグの優れているところとしてはランニングコストが非常に低いところ。

専門家曰く、一般的なHEPAフィルター(定格流量で粒径が0.3マイクロメートルの粒子に対して99.97%以上の粒子捕集効率をもつエアフィルターのこと)は2ヶ月~半年ごとにフィルター交換が必要とのこと。

そして、フィルターを交換するごとに費用がかかるのでその分ランニングコストが高くついてしまいます。

例えば、フィルター交換費1万円の場合、年間で2~6万ほどのフィルター費がかかります。けれども、エアドッグはフィルター買い替え不要の空気清浄機。

台所用中性洗剤でウイルスの消毒が可能なので、フィルター交換費がかかりません。

自分でフィルターを掃除しなければならない手間はかかりますが、それでもフィルター交換の費用を考えると、洗えて繰り返し使えた方がお得なのは間違いないでしょう。

電気代やランニングコストが非常に低いのがエアドッグの隠れた魅力でもあります。

異音やうるさい騒音、電磁波の影響はない?

電気代とともに気になるのが異音や騒音ですが、こちらもエアドッグは静かで就寝中も気にならないということが愛用者の口コミからも言われています。

音がゼロという訳ではありませんが、うるさいと感じることは少なくともないでしょう。

空気清浄機の騒音の主な原因はフィルターの目詰まりだとされていて、フィルターが汚れてモーターに負担がかかることで音が大きくなることがあります。

ですので、しっかりとフィルターの掃除をしていれば、異音や騒音はしないですし、もし音が気になるようでしたら、それがフィルター掃除の合図とも言えるでしょう。

なので、騒音に関してはあまり気にしなくても大丈夫です。

また、電磁場の力で汚れを吸着するエアドッグですが、電磁波の影響を受ける心配をする方もいるかもしれません。

ですが、エアドッグが発する電磁波はスマートフォンと同レベルとなっているので、特に心配する必要はないでしょう。安心して使うことができますね^^

エアドッグの偽物に注意!価格比較でわかる最安値販売店

エアドッグの購入を決めているなら、販売店には注意してください。

海外ブランドの家電となっているので、偽物が流通している危険性もあります。

日本で注文する場合は正規品を販売しているお店で注文するということが大前提となっていますから、販売店に関してはよく確認しておきましょう。

エアドッグの正規品を販売しているのは、エアドッグジャパン、株式会社トゥーコネクトとなっていますので、この2つの販売元で注文することをおすすめします。

エアドッグジャパンは楽天、トゥーコネクトはAmazonにお店を出店していますから、大手通販サイトを利用する際には販売元をチェックしてから注文するといいですね。

ちなみに、価格比較をしてみたところ以下のようになっていました。

販売店 価格(税込) 送料
メーカー希望価格 140,800円
Amazon 140,800円 無料
楽天 140,800円 無料
ヤフーショッピング 140,800円 無料

価格に関してはどこも同じとなっていました。

10万円を超える高い買い物になりますが、その分ポイントも貯まりますね。

 

空気清浄機は毎日継続して使っていくものなので、購入金額よりもランニングコストの方を意識してお買い物をした方がいいでしょう。

そういう意味ではランニングコストが非常に低いエアドッグは初期投資としては価値が高いですね。

高性能な空気清浄機を探している方の参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました