ファイブクリーンが使えないものは?口コミ評判5選で効果をチェック!

ファイブクリーンが使えないものや材質は主に『水洗いができないもの』『アルミ製のもの』『金属製の容器や漆器』などが挙げられます。

一部で使えない場所や場面もあるので、商品の効果や口コミ評判、使い方など合わせてこのブログで事前に確認しておきましょう。

ファイブクリーンは拭き掃除や磨き掃除、お風呂の床やシンクの酸素づけなど用途の幅広さが魅力的。

使えないもの部分はあるものの、「専用の洗剤を揃えるより一つで万能な洗剤が欲しい!」という方と相性が良いので、あれこれ準備するのが面倒な方には嬉しい洗剤ですよ^^

ファイブクリーンが使えないものや材質を確認しよう

ファイブクリーンには使えないものや材質は以下の通り。

【ファイブクリーンが使えないものや材質】
・水洗いができないもの
・アルミ製のもの
・金属製の容器
・漆器
・含金属染料で染めた衣類
・毛、絹などの動物性繊維
・ステンレス水筒の外装
・ボタンやバックルのついたもの など

基本的に水回りや水洗いできるものに使えて、それ以外には使えないと覚えておくのが分かりやすいですね。

使用できないものに関してはパッケージ裏面に詳しく書いてあるので、購入した際に改めて最新の情報を確認しておくことをおすすめします。

ファイブクリーンは万能なアイテムなので、ついついいろんなものに使いたくなってしまいますが、使い始め時は使う都度「この場所には使えるのかな?」と確認しておきましょう。

未然に事故を防ぐ上でも「どこに使えるか?」を常に意識して、取り扱い方を間違えないようにしたいですね。

色物や色落ちの心配はないの?

ファイブクリーンの汚れを落とす仕組みの画像

色物の洗濯や色落ちが心配になりますが、漂白剤なのでモノによっては色落ちする心配も確かにあります。

ですので、初めて使うものや材質に関しては、本格的に使う前にお湯に溶かした濃いめの液を目立たない部位に5分ほどつけ置きしてみるのがおすすめ。

5分程度おいて色が変わっていたり、色が移っている場合は使用を避けた方が無難ですよ。

色落ちするかなどは素材や使用環境などによって微妙に違ってくるので、一度確認してから使うようにすると次回以降は効率的に活用することができますね。

ファイブクリーンの口コミ評判5選から分かること

ファイブクリーンの口コミ評判を確認してみると「きれいに汚れが落ちる!」「とにかく布物に最適!」「いろんな場所に使えて便利!」など高く評価されていることがわかります。(以下、内容はそのまま一部読みやすくして引用しています)

汚れ落ち状態に大満足

こびりついたやかんをつけおき洗いをしたら、一晩で油汚れがはがれて良くとれました。風呂の床タイルの黒カビが気になっていたので排水溝をビニールで覆って3時間つけ置きした後洗い流すと、カビが取れてタイルがキレイになりました。

転載元:転載元:ANS 楽天市場店-2021年2月

バスタブの残り湯にこちらの洗剤を入れて、湯おけや風呂イスなどをつけ置き後、こすると頑固な水垢汚れがきれいに落ちました。

転載元:ANS 楽天市場店-2021年5月

ファイブクリーンは浸け置きができるので、時間をかけて汚れを落とすことができます。

頑固な汚れも時間をかけることで落とせるのは魅力的に感じますね。

使い方が豊富で便利

ほとんど擦らずに頑固な汚れが落ちる。つけ置きしておくだけでもシミが落ちるしいろいろな場所に使えるから便利!

転載元:ANS 楽天市場店-2021年2月

リピートしている洗剤です。頑固な汚れには期待し過ぎるとがっかりするかもしれませんが、普段のマスクやふきん、雑巾など布物には速攻で白くキレイに仕上がり重宝しています。ヌル付きやすい洗剤と違って、除菌と消臭が出来るという所は安心できるところです。とにかく布物には最適です。

転載元:ANS 楽天市場店-2020年11月

使い方がいろいろだから、使う人によってどんなシチュエーションで活躍しているかが違うのはファイブクリーンの面白いところ。

共通して活躍しているのはシミを落とすことなので、布製品の汚れを綺麗にしたい方は使う価値はかなりたかいでしょう。

洗濯で部屋干しの嫌なニオイがしない

この洗剤、価格は高いけどその価値は有ります。洗濯に使うと部屋干しの嫌な臭いもないし、お風呂の掃除にも使えます!しかもしっかり汚れが落ちる!!ウチでは大好評です!

転載元:ANS 楽天市場店-2021年6月

洗濯洗剤としても使えるファイブクリーンは部屋干ししても臭わないのも特徴。

塩素系洗剤を避ければ普段使っている洗剤との併用も可能なので、洗剤だけでは落とせない汗ジミもスッキリ落とせますね。

浸け置きの効果は絶大

お風呂に水を張って、こちらを使ってカーテンを漬け込みました。数時間だったかな?つけ置きしてみると、、、汚れた水の色に(恐ろしい)カーテンを引き上げてみると汚れが落ちたのか、カーテンの色が鮮やかになった気が。
テレビで紹介していた通り、本当に汚れ落ちがいいなと思いました。洗ったカーテンを付けた部屋は気持ちが良かったです。

転載元:ANS 楽天市場店-2021年4月

カーテンのように普段あまり掃除しないものは汚れが溜まりやすいので、そんな時こそ浸け置きをしてみましょう。

汚れが落ちたカーテンを改めてレールに着けてみると、部屋の明るさも一段階上って気分も上がりますよ^^

「コスパが悪い」のがデメリット

某テレビショッピングで見てお試し購入です。コスパは正直高い!って思います。が、本当に汚れ落ちるんでいいかな。付けただけで汚れ落ち!って感じではないですが、お湯につけてもみ洗いでお湯があっという間に濁り気持ちがいいです。オキシだと熱いお湯でないとダメなのでこちらは使いやすいです。

転載元:ANS 楽天市場店-2021年8月

万能で使い勝手良い反面、いろんな場面で使えてしまうので使用量も増えていきます。

そうするとすぐになくなってしまうので、コスパの悪さを感じてしまう方もいました。

ただ、それだけ優秀な洗剤ということですし、優れた商品だからこそのデメリットと言えるでしょう。

 

全体的に高評価が多く、「どこにでも使える」ところや「よく汚れが落ちる」ところが特に喜ばれているのが口コミを見ると分かります。

容量は約1.5kgと決して少なくはないのですが、使っているうちにすぐになくなってしまうようですね。

価格自体はそこまで高いわけではありませんが、コスパを考えるとやや割高と感じてしまう方もいるのは事実でした。

 

ただ、価格が気になるのならセット買いやまとめ買いをして一つ当たりの単価を下げればいいので、一度使ってみて良いと感じたら、その後はまとめ買いをしてコスパを良くしていくことも可能。

なので、あまり気にする必要はありません。

デメリットよりもメリットに目を向けて良い洗剤です^^

>>ファイブクリーンの口コミをもっと見る
(ページ中段「商品レビューを見る」よりご覧いただけます)

ファイブクリーンにはこんな使い方もある

ファイブクリーンは水に簡単に溶けて一気に発泡して高濃度酸素を出すことが特徴で、「洗浄」「除菌」「漂白」「消臭」「脱脂」の5つの効果に優れています。

主な使い方としては、いつもの洗濯用洗剤と併用して使う方法や浸け置きして気になる黄ばみやシミを酸素づけにして落とすこと。

水に溶けるスピードが速いから、汚れ落ち効果も高いですね。

ファイブクリーンが水に溶ける説明画像

けれども、ファイブクリーンにはまだまだいろんな使い方があるのですよ^^

風呂釜の床を酸素づけでキレイにできる

意外とヌメリが取れない風呂釜の床も、ファイブクリーンを使って酸素づけにすることでお風呂がキレイな状態に生まれ変わります!

【お風呂の床を酸素づけにする方法】
1.排水口に水が流れないように栓をして、お湯を床面より1~2mm上になるように水位を調整する
2.ファイブクリーンを全体的にふりかけ、良くかき混ぜる
3.1時間後に栓を外し、洗浄液を流した後、全体的に水で洗い流す

使用量は浴槽のサイズにもよりますが、40℃のお湯9Lに対してファイブクリーンを付属のスプーン3杯が目安

風呂釜の床面がぬるぬるしていると、せっかくお風呂でリラックスしているのに不快感も感じてしまいます。

それに、風呂掃除を毎日していないと汚れは蓄積していくので、月に1回など定期的に酸素づけでキレイにするとお風呂がより気持ちの良い時間になりますよ^^

オキシクリーンと比較して低い温度で浸け置きできるのが魅力的

オキシクリーンなどを使ってオキシ漬けをしていた人の中には、ファイブクリーンに乗り換えている人も珍しくありません。

その理由の一つに、オキシクリーンと比較して低い温度で浸け置きできるのが魅力的というところがあります。

オキシ漬けの場合、浸け置きの温度は40~60℃くらいで行うのですが、温度が高い方が効果的なのでなるべく高い温度で行うのが理想的ではあります。

ただ、温度が高いと当然火傷の危険性なども出てきてしまうので、注意して行う必要が出てくるのですね。

一方でファイブクリーンは温度が30~50℃程度でいいので、オキシ漬けよりも低い温度で浸け置きすることが可能。

熱いお湯を準備する必要はありませんし、より手軽に行えます。

こういった使い勝手の良さがオキシクリーンと比較してファイブクリーンが選ばれている理由にもなっていますよ。

使用頻度が多い方にとってはかなり嬉しいポイントと言えるでしょう。

ファイブクリーンはどこで売ってる?価格比較でわかる最安値販売店

口コミ評判が良く性能も高いファイブクリーンですが、店舗販売はされていないようです。

購入できるのは通販のみで、ドラッグストアやホームセンターなどでは現在のところ売っていません。通販でのみ購入可能となっています。

販売価格は税込3,980円で、どこの販売店でもこの価格となっていますが、先ほど少し触れたようにまとめ買いをすることで割引価格での購入ができますよ。

個数 価格
単品 税込3,980円
2個セット 税込6,980円
3個セット 税込10,311円
4個セット 税込13,748円

4個セットなら1個あたり税込3,437円で購入でき、定価よりも500円ほど安くなりますから、もし一度使ってみて気に入ったのなら、次回からはまとめ買いをしてみることをおすすめします。

ファイブクリーンは人気商品でTBSショッピング『カイモノラボ』やテレ朝『ロッピング』などテレビショッピング番組でもたびたび紹介されます。

メディアで取り上げられると売り切れてしまうことがあるので、まとめ買いをする場合は在庫があるうちにしておきたいですね。

 

ファイブクリーンはとにかく万能な洗剤

洗濯物、換気扇、ガスコンロ、食器、フライパンや鍋の焦げ取り、トイレの洗浄や消臭…

使えないものや場所もありますが、幅広く使えるのが魅力的ですから、あれこれ洗剤を準備したくない方にとって必須の万能洗剤と言えるでしょう。

ファイブクリーンと同じメーカーのカビ取り剤が大人気

ファイブクリーンはマルチに使えて高く評価されていますが、実は同じメーカーの宮崎化学の商品でカビ取り剤として大人気の商品があります。

それがスライムパンチ

家庭用としてギリギリ使えるレベルの強力な洗浄力で、大掃除の時期には品薄になるくらい多くの方が使っています。

カビ汚れはシミなどの汚れとはまた違ったタイプの汚れなので、特化したアイテムの方が効果は高いですね。

お風呂や水回りなどのカビ取りはスライムパンチは非常に効果的ですから、何でも使える洗剤ではなく、カビ汚れに特化した洗剤の使用も考えているなら要チェックですよ。

スライムパンチで落ちない汚れの種類&危険性は2つの方法で回避すれば安心
スライムパンチで落とせない汚れはどんなものがあるか調べてみました。危険性が出るのはどんな時かや安全に使うためにはどうしたらいいのかなどスライムパンチで落ちない汚れの種類を購入前に確認しておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました