本ページはプロモーションが含まれています。

シャボン玉酸素系漂白剤とオキシクリーンの違いは界面活性剤の有無に注目!

洗濯物が入ったカゴの画像 掃除

シャボン玉酸素系漂白剤とオキシクリーンはどちらも酸素系漂白剤になるので、洗濯の際はどちらを使っても衣類を漂白、消臭、除菌することが出来ます。

2つの大きな違いとしては「界面活性剤が配合されているか?」になるでしょう。

シャボン玉酸素系漂白剤は界面活性剤が配合されておらず、オキシクリーンは界面活性剤が配合されています。

界面活性剤が配合されると『水と油』がなじむので、シンプルな汚れ落ち効果を考えるとオキシクリーンの方が汚れは良く落ちます。

もし、洗浄力の高さを重視するならオキシクリーンを選んだ方が良いでしょう。

created by Rinker
¥8,300 (2024/02/21 13:53:25時点 楽天市場調べ-詳細)

created by Rinker
¥1,500 (2024/02/21 02:16:54時点 楽天市場調べ-詳細)

シャボン玉酸素系漂白剤とオキシクリーンの違いは界面活性剤の有無

まず、どちらも主成分は『酸素系過炭酸ナトリウム』で、同じ成分の漂白剤になります。

ですが、シャボン玉酸素系漂白剤には界面活性剤が配合されておらず、オキシクリーンには配合されています。

これが2つの大きな違いになるでしょう。

界面活性剤は界面(物質の境の面)に作用して、性質を変化させる物質の総称で、簡単に言えば『水や油のように交じり合わないものを混ぜ合わせて汚れを落としやすくする』ということになります。

なので、界面活性剤が配合されていないシャボン玉酸素系漂白剤よりもオキシクリーンの方が汚れが良く落ちるのですね。

イメージとしてはシャボン玉酸素系漂白剤は『漂白剤のみ』、オキシクリーンは『漂白剤+洗剤』といった感じで、漂白剤の効果だけでなく洗剤による洗浄力も含まれていると考えるのが理解しやすいかもしれません。

漂白剤は汚れを科学的に分解して汚れの色素を破壊することで汚れを落とし、洗剤は汚れに吸着して汚れを引きはがすことで汚れを落とします。

洗剤としての役割もある分、+αがある分だけオキシクリーンの方が汚れ落ち効果は高いと言えるのですね。

シャボン玉酸素系漂白剤はオキシクリーンと同等の洗浄力に変えられる

オキシクリーンの方が汚れ落ち効果が高いですが、シャボン玉には洗濯用粉せっけん『スノール』が別売りで販売されています。

このスノールとシャボン玉酸素系漂白剤を合わせて使えば、オキシクリーンとほぼ同じ洗浄効果になりますよ。

むしろ、2つの商品を合わせたシャボン玉の方がモコモコ感は高く、掃除している充実感は高いと感じやすいでしょう。

ただ、洗浄力に関してはどちらもほぼ変わりはありません

シャボン玉酸素系漂白剤とオキシクリーンであれば、オキシクリーンの方が汚れは落ちるけれど、シャボン玉酸素系漂白剤+スノールとオキシクリーンならほぼ同じで、洗浄力に違いはないと考えて良いでしょう。

created by Rinker
¥1,584 (2024/02/21 13:53:26時点 楽天市場調べ-詳細)

単体で使った方が使い勝手は良い?

シャボン玉酸素系漂白剤とオキシクリーンの違いは『漂白剤』だけか、『漂白剤+洗剤』かと考えられます。

なので、洗剤では落ちない汚れに対して使う場合は、漂白剤だけでも結果は変わりません。

例えば、カビや細菌類の殺菌を殺菌することは洗剤は得意ではないです。

それは界面活性剤は汚れを引きはがしてキレイにするからで、引きはがせなかったカビや細菌はそのまま残ってしまうから。

ですが、漂白剤であれば、たんぱく質などの生物を構成する物質の分解が得意なので、カビや細菌類の殺菌に効果的です。

なので、赤ちゃん用品の殺菌などをメインに使うことが多いなら、わざわざオキシクリーンのように界面活性剤が配合されている漂白剤を選ぶ必要なく、むしろシャボン玉酸素系漂白剤の方が適している場合もあります。

『漂白剤のみ』と『漂白剤+洗剤』では価格にも差が出るし、この辺りはライフスタイルによって選び方が変わるでしょう。

シャボン玉酸素系漂白剤はオキシクリーンのコスパはほぼ一緒

シャボン玉酸素系漂白剤は漂白剤のみなので、価格はオキシクリーンよりも安くなります。

ただ、シャボン玉酸素系漂白剤に洗浄力を与えたくてスノールと合わせて使うなら、結局はオキシクリーンと価格の違いはほぼありません。

なので、コスパに関してはほぼ一緒と考えて良いでしょう。

ここまでのことを簡単にまとめておくと、

・シャボン玉酸素系漂白剤はオキシクリーンの違いは界面活性剤が配合されているかどうか
・シンプルな洗浄力はオキシクリーンの方が高い
・シャボン玉酸素系漂白剤にスノールを合わせればオキシクリーンと同等の洗浄力になる
・シャボン玉酸素系漂白剤+スノールとオキシクリーンの価格はほぼ一緒

どちらが優れているということでもないので、ライフスタイルや価値観によって自分にあった商品を選ぶのが最適でしょう。

created by Rinker
¥8,300 (2024/02/21 13:53:25時点 楽天市場調べ-詳細)

created by Rinker
¥1,500 (2024/02/21 02:16:54時点 楽天市場調べ-詳細)

もし迷ってしまうなら、第3の選択肢を選ぶのも良いでしょう。

『シュワッとパンチ』は界面活性剤不使用だけど洗浄力に優れた漂白剤。

洗濯はもちろん、つけ置き、拭き掃除、磨き掃除まで何にでもマルチに使えるので、持っている便利ですよ。

別ページにもあるので、興味があればご覧ください。

シュワッとパンチとオキシクリーンの違いは酵素系漂白剤か酸素系漂白剤か
シュワッとパンチとオキシクリーンの最大の違いは酵素系漂白剤か酸素系漂白剤か。酵素系漂白剤のシュワッとパンチは酵素の効果でたんぱく質汚れや皮脂・油汚れを落とす一方で、オキシクリーンは主に界面活性剤の効果で汚れを落とします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました