本ページはプロモーションが含まれています。

ひな暖ラグの3畳、2畳、1.5畳の選び方とサイズ別の使い方の例

シンプルなリビングの画像 日用品

ひな暖ラグのサイズ展開は3畳(185x235cm)、2畳(185x185cm)、1.5畳(135x185cm)の3つ。

サイズ選びで大事なのはお部屋の広さと主な家具のサイズです。

どの部屋に起きたいかや家具とのバランス、どんな目的で使いたいかを明確にしておくとサイズ選びもやりやすいですよ。

もしサイズ選びに迷っているのなら小さめがおすすめ。

コンパクトサイズならお部屋の余白感を保てるし、お手入れしやすさも格段に上がりますよ。

お部屋の状況に合わせて、上手にサイズ選びをしましょう。

created by Rinker
¥15,168 (2024/02/21 00:58:20時点 楽天市場調べ-詳細)

ひな暖ラグのサイズの選び方と使い方の例

ひな暖ラグのサイズは3畳、2畳、1.5畳の3つですが、サイズを選ぶ時はお部屋ごとの主役の家具を意識することが大事。

例えば、リビングならソファー、ダイニングならテーブル、寝室ではベッドなど、大きくてお部屋の印象をガラッと変えるインテリアがありますよね。

ラグを選ぶ時はお部屋の広さばかりに目がいきがちですが、主役になる家具とラグのサイズバランスも考えると良いですよ。

また、ライフスタイルも影響してくるので、普段自分はどこで過ごすことが多いかなども踏まえた上で、ひな暖のサイズごとの選び方をチェックしましょう。

3畳は余裕を持ちたい人におすすめ

3畳はラグの中で一番大きいサイズになります。

これ以上のサイズになると一般的にはカーペットと呼ばれるので、最も大きいサイズのラグということをまず認識しましょう。

3畳(185x235cm)は実際に敷いてみると意外と大きくて、広範囲を覆ってくれます。

例えば、リビングに置く場合は2~3人掛けソファーとテーブルだとぴったりだし、ダイニングに置く場合は4~6人用テーブルでもゆったり余裕が出来る。

また、おすすめなのは寝室で使いたい場合。

ベッドを囲うように敷くことが出来るし、ベッドから足を下す位置にラグがあると冬の床の冷たさを感じずに1日が始まるので、嫌な気分になりません。

他にもベッドの横にローテーブルを置きたいときなども床を傷つけずに済むし、ひな暖の暖かさの恩恵を受ける場所の1つが寝室と言えるでしょう。

3畳は家具を置かなければ大人3~4人がゆったりくつろげるサイズなので、自分や家族が良く過ごすスペースに置くと寒さ対策をしながらお家時間を過ごせます。

見た目的にも気持ち的にも余裕を感じられる大きさが3畳ラグと考えると良いですね。

2畳はシングルベッドや2人掛けソファーにおすすめ

2畳(約185×185cm)は使い勝手の良さを感じやすいサイズです。

例えば、寝室であればシングルベッドや小さいサイドテーブルとマッチしやすく、ベッドの周りを囲むように敷いて足元から暖かく過ごすことも可能。

また、リビングの場合は2人掛けのソファーやコーヒーテーブルなどとのバランスが取りやすくなります。

テレビを観ながらやゲームをしながらなどリビングのソファーで過ごす時間が長い人にはぴったりの使い方になりますね。

他にもラグのゾーニング効果(部屋の居場所を明確にすること:区分け)を利用して、お部屋にまとまりを出す目的で使うのも考えられるでしょう。

1.5畳は作業スペースに置くのにおすすめ

1.5畳(約135×185cm)はコンパクトなスペースに使うのに適しています。

例えば、在宅ワークでPC作業をする時には効果的ですね。

ひな暖の場合は寒さ対策としての使い方もあるし、足元が冷えて集中力がなくなってしまうリスクを避けることも可能。

何より、空間を明確にできることで『仕事』と『プライベート』を分けられるのがポイント。

在宅ワークだとどうしてもダレてしまうことがあるけれど、ラグがあることで仕事モードとプライベートモードを区分け出来るから、おすすめのサイズになりますね。

ひな暖があると暖房器具との併用で電気代の節約にもなるし、お家時間を長く過ごす人にとっては大きなメリットが感じられるでしょう。

詳しくは【ひな暖毛布で寒い冬でも高い睡眠の質を保ちませんか?】の記事をご覧ください。

ひな暖のサイズ選びに迷った時に小さい方を選ぶべき理由

自宅の広さやライフスタイルなどを考慮すれば、ひな暖ラグのサイズ選びに失敗するリスクは限りなく減らせる。

ただ、もしどうしてもサイズ選びに迷う場合は小さめを選ぶことをおすすめします。

ラグはカーペットよりもサイズが小さいので、最初から「ラグが欲しい」という頭になっている場合、そんなに大きいサイズを欲していないことが推測できます。

ラグは大きすぎると部屋が狭く感じるし、家具とのバランスも崩れてしまうことも。

『大は小を兼ねる』という言葉があるので大きいサイズを選びがちですが、使えば汚れるし、汚れたら洗濯も必要だし…と考えると大きいサイズのラグは意外と使いにくい場合も。

特にひな暖の場合は冬の寒い時期におすすめなラグなので、冬が終われば後はクローゼットにしまっておくことになるでしょう。

そしたら、サイズが大きくなると収納スペースが減るデメリットも生まれます。

新聞紙やテープなどを活用して、ひな暖ラグを自宅の使いたい場所に置くイメージを予め想定して、その上でサイズを選ぶことが大事。

もし、それでサイズ選びに迷うくらいなら小さいサイズをおすすめします。

3畳と2畳で迷うなら2畳、2畳と1.5畳で迷うなら1.5畳サイズを選んだ方が満足度は高くなりやすいでしょう。

また、実際に使ってみた方の口コミも参考になるので、【ひな暖ラグの口コミ!冬用の洗える暖かいラグで電気代を節約したい方におすすめ】の記事も併せてご覧ください。

まとめ:ひな暖ラグのサイズは1.5畳がおすすめ

ひな暖ラグのサイズ選びで迷ったら、少し小さめのサイズを選ぶことをおすすめします。

理由は以下の3つです。

①大きすぎるとお部屋が狭く感じられる
ラグに圧迫されるイメージが強くなるため、ゆとりある空間演出には適しません。
②大きすぎると家具とのバランスが崩れやすくなる
テーブルや椅子の足がラグからはみ出したり、ソファーと被ってしまうことがあります。
③小さめ選びだとお手入れしやすい
大きいラグほど手間がかかるうえ、洗濯機に入らないケースも。コンパクトサイズならお手入れラクラクです。

以上から、もしサイズ選びに迷った際は少しコンパクトめのサイズをチョイスすることをおすすめします。

家具とのバランスを考えて、お手入れしやすさも忘れずに検討した上でサイズを選んでみてくださいね。

created by Rinker
¥15,168 (2024/02/21 00:58:20時点 楽天市場調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました