パイプユニッシュブリーチフリーの口コミで分かるメリットデメリット

パイプユニッシュブリーチフリーの口コミ評判を見ると、メリット・デメリットがはっきりしているのが分かりますよ。

安全性を求める方や塩素系の臭いが嫌いな方には、酵素の効果で汚れを落とし、柑橘系の香りがするブリーチフリーはメリットになります。

一方で、時短や排水パイプの詰まりの除去を目的としている方には、時間がかかり、粘性が低いブリーチフリーは適していません。

なので、塩素系の臭いが苦手で多少時間がかかっても安心安全に使える洗浄剤を探している方におすすめのパイプクリーナーと言えるでしょう。

パイプユニッシュブリーチフリーの口コミ評判から分かること

パイプユニッシュブリーチフリーを実際に使ってみた方の口コミ評判では「塩素系不使用で安心安全」や「独特な臭いが苦手な人でも使える」などの点で高く評価されていました。(以下内容はそのまま、誤字脱字は修正して引用しています)

塩素系不使用だから安心して使える

いままでありそうでなかった塩素系不使用の排水口クリーナーです。安全性が高く取り扱いに気を使わなくて済むのがいいです。溶剤特有のツンと来るニオイもしません。酵素の力でヌメリ汚れを分解し嫌なニオイをスッキリしてくれます。

転載元:Amazon-2022年5月

塩素を使っていない安心して使用できる排水口クリーナを探していたので、すぐに買って試しました。あるようで無かった商品だと思います。寝る前に、排水口に液体を注いでおけば朝にはすっきりしている。使い始めてから1週間強ですが、明らかにキッチンとお風呂の排水口からの臭いは無くなっています。妻も大喜びです!

転載元:Amazon-2022年4月

安心して使えるという点は多くの方が高く評価していますね。

塩素系のクリーナーは酸性と混ざると有毒なガスを発生させる危険性があるけれど、その不安を感じることなく使えるのは確かに安心安全でしょう。

特にキッチン周りで使う場合、お酢など酸性物質と混ざり合う危険性もあるので、不安を感じる方には嬉しい商品ですね。

独特な臭いが苦手な人でも使いやすい

汚れ・臭いの方はしっかり落とせて満足しています。薬液は塩素系パイプユニッシュと違い、粘り気は余り無く柑橘系の割と良い匂いです。塩素系のニオイが苦手で出来れば敬遠したい方向けの商品だと思います。

転載元:Amazon-2022年5月

臭いが気にならないのがメリット。ディスポーザーがついている家庭ですとクエン酸や重曹を準備する手間なく掃除できるので特におすすめですよ!洗浄力はバッチリです。

転載元:Amazon-2022年5月

塩素系の独特の臭いがどうしても苦手という方もパイプユニッシュブリーチフリーなら臭いを気にせずに使えます。

柑橘系(オレンジ)の爽やかな香りなので、ツンとした臭いが苦手な人でも無理なく使えるのは大きなメリットでしょう。

悪い口コミは「時間がかかる」ところ

キッチンの排水口に試用してみましたが、塩素系クリーナーと比較して薬液を流したあと6~8時間水を流せないのはかなりの制約になると感じました。汚れ・臭いの方はしっかり汚れが落とせて満足しています。

転載元:Amazon-2022年5月

塩素系のパイプユニッシュは約30分程度おいて水を流せばOKですが、ブリーチフリーは6~8時間ほど放置する必要があります。

日中に使うのは現実的ではないので、やや行動が制限されてしまうのがデメリットに感じてしまう方もいました。

ただ、朝に出かけて夕方頃に水を流す、あるいは夜寝る前に使って朝起きて水を流すなどが問題なく出来るなら、時間のデメリットは感じないので気にすることはないでしょう。

 

口コミを見る限り一長一短あって、メリット・デメリットがはっきりしているしているのが、ブリーチフリーの特徴と分かりますね。

特にキッチン周りの洗浄に効果的なので、時間が気にならなければ使いたい商品

手短に終わらせたい時は塩素系パイプユニッシュを使うなど、併用するとお互いのデメリットを補って、使い勝手の良さを感じられるでしょう。

>>パイプユニッシュブリーチフリーの口コミをもっと見る
(ページ下段「カスタマーレビュー」よりご覧いただけます)

パイプユニッシュブリーチフリーと塩素系の違いは液性

独特な臭いがするかしないかの違いだけで、塩素系パイプユニッシュとブリーチフリーの違いを判断する方もいます。

確かにその通りなのですが、もっと大きな違いとしては『液性』が挙げられますよ。

塩素系パイプユニッシュの液性は『アルカリ性』で、ブリーチフリーの液性は『中性』。

洗剤が汚れを落とすのは「汚れと反対の性質を持つから」で、酸性の汚れはアルカリ性、アルカリ性の汚れは酸性を使い中性に中和することで汚れを落とします。

油汚れなどは酸性の汚れになるので、アルカリ性を使うことで効果的に汚れを落としてくれるのですね。

一方で中性洗剤はあらゆる汚れに穏やかに効くので、万能性が高いとも言えます。

その中で、パイプユニッシュブリーチフリーは中性だけど『酵素』の力で酸性の汚れを落とすことが可能。

酵素はたんぱく質を分解することができ、たんぱく質は酸性になるので、中性のブリーチフリーでもキッチン周りの油汚れや食べカスなどの汚れが落とせるのですね。

単純に酸性の汚れを落とすならアルカリ性の洗剤を使った方が効果的ですが、中性洗剤でも汚れを落とすことは出来ます。

ただ、塩素系パイプユニッシュとブリーチフリーの違いは『液性』だけでなく、もう一つ大きな違いがあるのでコチラも理解しておくといいですよ。

『粘性』が違うことで汚れ落ち効率に違いが生まれる

パイプ内部の汚れを落とすには『液性』ともう一つ『粘性』も大事になります。

粘り気が強い方がその場にとどまる力があるので汚れを落としやすいのですね。

塩素系パイプユニッシュもブリーチフリーも、同じブランドの同じシリーズなので汚れを落とす能力に関しては同等と言えるでしょう。

けれども、塩素系パイプユニッシュの方が粘性が高いため、ブリーチフリーよりも実感としてはよりキレイになると感じやすいです。

事実として、塩素系は約30分放置すれば洗い流せますが、ブリーチフリーは6~8時間放置しなければなりません。

特に詰まりに関しては粘性がないと意味がなく、ブリーチフリーはパイプ詰まりに関しては効果が期待できません。

詰まらないようにこまめに使う必要があると消費量も増えてしまいますね。

なので、シンプルな汚れ落ち効果を求めるなら粘性の高い方を選んだほうが効率もコスパも良いとは言えるでしょう。

パイプユニッシュブリーチフリーと塩素系を併用すると便利

汚れ落ち効果に関しては塩素系の方が優れていると感じやすいですが、それでも塩素系の臭いが苦手な方や安心して掃除したい方にはパイプユニッシュブリーチフリーは重宝する商品

特にキッチンに使うことが主になりますが、塩素系の臭いよりも爽やかなオレンジの香りがした方が、お料理する時も気分は良いですよね。

浄化槽やディスポーザーにも使えるから、1~2週間に1度の使用頻度でブリーチフリーを使うとキッチンやシンクをキレイな状態に保てるでしょう。

ただ、パイプ内の汚れは蓄積してしまうから、月に1度のペースで塩素系のパイプユニッシュを使うと蓄積汚れの心配をしなくて良いですね。

 

どうしても塩素の独特なニオイが苦手ならブリーチフリーはおすすめですし、臭いが気にならず、安全に使えるのであれば塩素系パイプユニッシュだけを使った方が効率は良いのは前提です。

安心と清潔のどちらもを求めるなら、塩素系パイプユニッシュとブリーチフリーを併用することも可能なので、自分の使いやすい方法を選んでみてくださいね。

パイプユニッシュでも落ちない頑固な汚れに悩んでいる方向けの商品

定期的にお掃除をしていれば臭いやヌメリ、詰まりの対処は出来ます。

けれども、ついつい面倒くさくて汚れを放置してしまうことは誰にでもありますよね。

ただ、汚れを放置しすぎるとパイプユニッシュでも詰まりを解消できないこともあるので注意が必要です。

もしパイプユニッシュでも落ちないくらい頑固な汚れが出来てしまったら、より強力な業務用レベルの洗浄剤を使わざるを得ません。

例えば『スライムパンチ』はかなり強力で、市販できるギリギリの業務用レベルの洗剤。

換気をしっかりして、マスクやゴム手袋が必要など危険性もありますが、頑固な汚れも落としてくれて「これでダメなら業者にお願いしよう」と決断できるくらいの納得感はあります。

もし、パイプユニッシュでも落ちない頑固な汚れに悩んでいるのなら、最後の手段として試してみてください。

スライムパンチで落ちない汚れの種類&危険性は2つの方法で回避すれば安心
スライムパンチで落とせない汚れはどんなものがあるか調べてみました。危険性が出るのはどんな時かや安全に使うためにはどうしたらいいのかなどスライムパンチで落ちない汚れの種類を購入前に確認しておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました