スライムバスターの口コミ分析!カビ取りやぬめりを日常的にキレイに!

スライムバスターは口コミ評判が高く、カビやぬめり対策が出来るのはもちろん、低刺激臭で使いやすいところが評価されています。

老舗化学メーカーの洗浄剤だから、カビやぬめりの原因を根本からアプローチするので洗浄力が高いのが魅力ですね。

特に低臭タイプで臭いが抑えらえているから、スライムバスターは日常的に使えるのがポイント。

日々の掃除でしっかりキレイに出来れば、頑固な汚れや悪臭を防げて、健康状態を害することなく毎日過ごせますよ^^

スライムバスターの口コミ評判から分かること

スライムバスターを実際に使ってみた方の口コミ評判では「カビやぬめりがキレイになる」や「刺激臭が少ない」などの点で高く評価されていました。(以下内容はそのまま、誤字脱字は修正して引用しています)

カビやぬめり対策になる!

半信半疑で早速使って見ました。どのカビ取り剤でも取れなかったカビが一度の使用で薄くなりました。

転載元:りかの良品-2022年2月

お風呂掃除に使用しました。ぬめりがとれてよかったです。

転載元:りかの良品-2022年2月

スライムバスターはカビやその裏側に付着した油汚れを取り除けるように洗浄成分が処方されています。

カビが発生してしまうのは根本を除去できていないからだけど、スライムバスターはカビの裏側に付着した油汚れから取り除けるから、高い効果が期待できるのですね。

だから、日常的なカビ・ぬめり対策にはぴったりのアイテムと言えるでしょう。

刺激臭が少ないのが良い!

臭いも他のものよりは刺激臭が少ないように思います。

転載元:りかの良品-2022年2月

カビやぬめりを落とすためには塩素系の洗浄剤を使う必要がありますが、塩素系洗浄剤は臭いがキツイので苦手な人も多い。

でも、スライムバスターは低臭タイプで刺激臭が少ないから、臭いをほとんど気にせずに使えます。

マスクや換気をしっかりすればばっちりだから、カビ取り剤の臭いが苦手な方には嬉しいですね^^

使いやすい!

計量カップとハケがついているのでとても使いやすかったです。

転載元:りかの良品-2022年2月

カビは湿気が溜まりやすい隅の方に発生することが多いので、ただ洗浄剤を流すタイプだとうまく処理できません。

けれども、スライムバスターには専用のハケが付いているから、取りにくい細かい隙間や角もハケを差し込んで的確できますよ。

ちなみに、市販のハケを使うと毛が抜けてしまうので、ちゃんと専用のハケを使いましょう。

排水パイプの通りが戻った!

想定を超えて初めてそれなりの結果が得られる商品にたどり着きました。キッチンのパイプを掃除しましたが、2回やって通りました。

転載元:りかの良品-2022年2月

ジェルタイプでどんな場所でもしっかり密着、浸透してくれるから、排水パイプの汚れを落とすのにも効果的。

排水管の清掃は業者に頼むと結構なお値段がするし、出来る限り自分で対策したいところ。

スライムバスターをこまめに使って、汚れを溜めないようにしていけば、業者に頼らなくても清潔な状態をキープできますね。

全体的に良い口コミが多く、中には「カビ汚れが落ちなかった」という悪い口コミもありましたが、総合評価は5段階中4.00前後と高評価。

主観的だけでなく、客観的にもしっかり評価されている洗浄剤とわかりますね。

>>スライムバスターの口コミをもっと見る
(ページ中段「商品レビューを見る」よりご覧いただけます)

スライムバスターはつけ置き出来るのが特徴

低臭タイプのメリットはつけ置き出来るところ。

シンクのゴミ受けや水回りに使われている小物などは汚れが付着しやすく、触りたくないくらいのぬめりも発生しやすいです。

そういった場所にスライムバスターを使えば、直接触れなくてもハケで塗れるし、手を汚さないでもキレイにすることが可能。

何より、ジェル状で塩素臭を封じ込めてくれるから、付け置き中も臭いを防いでくれる。

付け置きすることで臭いや汚れをより効果的に落としやすく出来るので、付け置き出来るのはスライムバスターの強みと言えるでしょう。

シンクのゴミ受け以外でもシャワーヘッドなど普段目にするけど、掃除が面倒くさいところにも使えます。

日常で気になる場所に使えるから、汚れを溜めたくない性格の人との相性は抜群ですね。

トイレには効果なしの理由は成分がアルカリ性だから

スライムバスターは黒カビを落とすカビ取り剤なので、トイレの尿石による汚れなどは落とせません。

液性がアルカリ性のスライムバスターは主に酸性の汚れを落とす効果があります。

だから黒カビや油汚れ、髪の毛などのたんぱく質による汚れを分解して詰まりやヌメリを落とせるのですね。

けれども、トイレの汚れの原因となる尿石は尿素がアンモニアに分解されてアルカリ性の性質を持ちます。

アルカリ性は酸性の洗剤でないと汚れが落ちないので、同じアルカリ性のスライムバスターでは綺麗に出来ないということ。

なので、もしトイレに使いたいと思っている場合は効果がないので別の洗浄剤を使うようにしましょう。

スライムバスターの使い方は希釈と原液の2パターン

スライムバスターは水200mlに対して原液50ml(約58g)で希釈するのが基本。

専用の計量カップ(500ml)が付いているから、無駄に使いすぎることなく、節約しながら使うことができますよ。

後は気になる部分にハケで塗っていき、30分程度放置した後に水で流せばOK。

こちらが基本になります。

ただ、汚れによっては落ちない場合もあるので、その場合は原液を直接汚れにかけて使う事もできますよ。

スライムバスターの使い方で注意することとしては『酸性タイプの製品と一緒に使わない』こと。

有害な塩素ガスが出て危険なので、スライムバスターを使う時は他の洗浄剤は使用しないと決めておくことをおすすめします。

スライムバスターの価格は税込9,735円(送料無料)。

カビ取り剤としてはやや割高ですが、それだけの価値があります。

その違いを販売ページから確認してみてください^^

スライムバスターとスライムパンチの違いはない?

スライムバスターと似た商品でスライムパンチという商品もあります。

実はこの2つは同じ商品である可能性が非常に高いのですね。

OEM製品だからというのが主な理由になるのですが、詳しくは別記事でまとめているので、気になる方はチェックしてみてください。

スライムバスターはニッポン放送のCMで紹介されたりしますし、スライムパンチはテレビショッピング番組で紹介されることがあります。

いろんな媒体で宣伝していてややこしいところもありますが、OEM製品と分かると安心ですし、必要以上に気にすることはありませんよ。

スライムパンチとスライムバスターの違いがない理由はOEM製品だから?
スライムパンチとスライムバスターの違いはおそらくありません。それはOEM製品の可能性が高いから。製造元が同じで販売元が違うだけだから、スライムパンチでもスライムバスターでもお好きな方を選ぶのがいいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました