本ページはプロモーションが含まれています。

ディンプレックス オイルフリーヒーターの電気代をエアコンと比較して抑える3つのポイント

空気が綺麗な部屋のイメージ画像 日用品

ディンプレックス オイルフリーヒーターの電気代の目安は1日あたり114円、1ヶ月だと3,430円と販売ページに明記されています。(※条件:1200Wヒーター使用時、暖房畳数10畳、室温20℃、断熱性能2.7W/m2K、外気温2019年12月15日東京都気象庁が気温データによる)

エアコンと比較して電気代が気になるところですが、電気代は『1時間あたりの消費電力(kW)×使用時間(時間)×料金単価(円/kWh)』で求められるので、基本はオイルフリーヒーターとエアコンの電気代はほぼ変わりません。

ただ、使用条件や性能、使い方によってに電気代は変わり、結局はエアコンよりもオイルフリーヒーターの方が電気代を節約できて経済的です。

『窓際に置く』『設定温度を低くする』『気密性を高くする』という3つの条件を守るとエアコンよりも電気代をグッと抑えられる。

ディンプレックスはオイルフリーヒーターの「重くて持ち運べない」というデメリットをわずか8kgでキャスター付きの軽量設計で解消しているし、「お部屋をクリーンに暖かくしたい&電気代を抑えたい」というニーズに応えてくれる家電になっていますよ。

ディンプレックス オイルフリーヒーターの電気代を抑える3つのポイント

ディンプレックス オイルフリーヒーターの電気代を安いと思って選ぶ人もいますが、何も考えずに使うと意外と電気代は安くなりません。

電気代は『消費電力×時間×単価』の掛け合わせなので、消費電力が同じのヒーターやエアコン、ストーブ、こたつなら電気代は一律で同じ計算になります。

それでも電気代の高い・安いの違いが出るのは使用環境に違いがあるから。

こたつの電気代がヒーターなどよりも安いのはこたつ内部だけを暖めるからで、お部屋全体を暖める場合は外気温や室温も関係してくるから当然高くなりますね。

では、お部屋全体をディンプレックス オイルフリーヒーターで暖めたい時、どうすれば電気代を抑えることが出来るのか?

そのポイントは冒頭で紹介した3つになります。

窓際に置く

ディンプレックス オイルフリーヒーターは出来るだけ外窓の近くに置くことが重要。

お部屋全体を暖めたいと考えると中心に近い位置に置きたくなるけれど、外窓の近くに置くことで室内に冷気が入るのを防いでくれて、暖気のカーテンを作ってくれます。

だから、例えば5分くらい換気をしたとしても部屋の温度が急激に下げることを防いで、お部屋の温度を一定に保つことが出来る。

そもそもオイルフリーヒーターは仕組みとして下段・中段・上段の3段階のヒーターが内蔵されています。

下段ヒーターで冷気を取り込み、中断ヒーターで温度を高めていき、上段ヒーターで熱を放射する仕組み。

だから、冷気が入りやすい窓際に置いた方が効果的にお部屋を暖かく出来るのですね。

設定温度を低くする

オイルフリーヒーターは輻射熱と対流熱によって暖めるから、実際の設定温度よりも体感温度の方が高く感じられます。

なので、低めの温度設定でも十分に暖かみを感じられるのですね。

特にディンプレックス オイルフリーヒーターは適正の広さの8~10畳で使った場合、運転開始から約20分でお部屋全体がポカポカに。

オイルを使うよりも速暖性が高いし、高性能サーモスタット機能搭載で室内を必要以上に暖かくすることもないから快適に温度調節してくれます。

余計な電気代を使わないし、400W、800W、1200Wの3段階で温度調節できるから、お部屋が暖まったら設定温度を低くして暖かさをキープしながら電気代を節約することも出来る。

お部屋が暖かくなったと感じたらすぐに設定温度を下げる。

これが出来ると電気代はかなり抑えられますよ。

気密性を高くする

お部屋全体を暖める家電すべてに共通しますが、気密性が高い方が暖気が逃げない分、余計な電力を消費せず電気代を抑えられます。

なので、扉の開け閉めが多い部屋だと電気代は上がりやすい傾向にありますよ。

例えば、リビングで使うと扉が多いから気密性は下がるので効率は少し下がります。

逆に寝室や子供部屋などに使うと扉も少ないし気密性が上がるので効率的に暖かさをキープできますね。

ただ、鉄筋・鉄骨コンクリートの建物は比較的気密性が高いので、木造建築でなければ気にするほどの差にはなりません。

★この商品にグッと来なかったらコチラをチェック

シロカかるポカは電気代を節約する工夫で満足度が高まるヒーター!
シロカかるポカは口コミ評判が高く、じんわり暖まるところや空気を汚さず乾燥しにくい点が人気。一方で電気代に関してはやや割高なので、その点が悪い評価となっていました。ただ、工夫次第でかるポカの電気代は節約できますよ!

ディンプレックス オイルフリーヒーターは重さのデメリットを解消

オイルフリーヒーターにはメリットがたくさんあるのですが、今まではどちらかというとデメリットの方に注目がいっていました。

オイルフリーヒーターのデメリットはとにかく大きくて重いところ。

サイズはテレビくらいあるし、重さも15kg前後あったので、持ち運びが大変だったり、持ち運びが出来なかったりしました。

日本には四季があって、寒い季節は長くても半年程度と考えると収納する必要があるけれど、「重たいし、押入れにしまうのも大変だから…」と避けられていました。

けれども、ディンプレックス オイルフリーヒーターはサイズは(約)幅41.3×奥行28.1×高さ63cmで邪魔にならないし、重さも約8kgしかありません。

もっと言えばキャスターが付いているから、持ち運びも簡単に出来ます。

だから、普段はリビングで使って寝る時は寝室で使うことも出来るし、寒くて暖房器具を置きにくい浴室にも置ける。

使い勝手や使用シーンの幅が広がっています。

収納カバーもついているから、オフシーズンもホコリが溜まる心配がない。

もし今まで大きさや重さが支障となっていたのなら、ディンプレックス オイルフリーヒーターならその悩みを解決してくれますよ。

【ディンプレックス オイルフリーヒーターの基本スペック】
サイズ:(約)幅41.3×奥行28.1×高さ63cm
重さ:(約)8kg
カラー:ホワイト・ブラック
価格:税込19,800円

オイルフリーヒーターはエアコンよりも乾燥しにくいのがメリット

オイルフリーヒーターにはメリットがたくさん。

【オイルフリーヒーターの主なメリット】
・オイルフリーだから燃料補充不要
・風を出さないから乾燥しにくい
・つけているのを忘れるほど静音性が高い
・本体が熱くなりにくく火傷などのケガの心配も少ない
・口コミ評判が高い
・風でダニやホコリを巻き上げず空気を汚さない  など

暖房器具だとエアコンとよく比較されますが、エアコンと比べて圧倒的に優れているのは『乾燥しない』ところ。

風を出さないことで、体内の水分を失いづらくしてくれます。

なので、乾燥気になる肌やノドに優しいのがエアコンと比べて快適度の違いとして現れますね。

特に冬は風邪を引きやすい季節だし、その原因の1つに乾燥が関係してくるから、家族や自分の健康を守る上でもオイルフリーヒーターを愛用したいもの。

ディンプレックス オイルフリーヒーターに限って言えば、過熱防止プラグや転倒時自動オフ機能、タイマー機能搭載など安全性も利便性も高く安心して使えます。

「音がうるさいのが嫌」「説明書がなくても使えるくらい使い方が簡単」「口コミ評判が高いと安心する」など細かいニーズにも応えてくれていますね。

ディンプレックス オイルフリーヒーターなら電気代も暖かさの悩みも解消

ディンプレックス オイルフリーヒーターはエアコンと比較すると見た目の電気代はそんなに変わらなく感じます。

ですが、実際に使ってみると効率の良さや使い方の工夫など見えない部分で電気代に違いが生まれて、結局エアコンの方が電気代が高くなることが分かります。

お肌や健康の天敵である乾燥を防げるのも魅力的ですね。

ディンプレックス オイルフリーヒーターなら電気代を抑えられるし、暖かさも快適な温度でキープできる。

さらにオイルヒーターのデメリットだった大きさや重さも改善。

「電気代を抑えたい…でも寒さに耐えながらお家で過ごすのは嫌!」という願いを叶えて、健康的で快適な毎日を過ごしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました