本ページはプロモーションが含まれています。

空調管理

日用品

ディンプレックス オイルフリーヒーターの電気代をエアコンと比較して抑える3つのポイント

ディンプレックスはオイルフリーヒーターは口コミでも電気代の高さを気にする人が多いです。意外と電気代は安くないけれど、工夫次第で価格を抑えることは可能。エアコンと比較として節約できる3つのポイントをまとめているので参考にしてください。
日用品

エアドッグ扇風機の口コミ!サーキュレーターとしてアウトドアでも活躍

エアドッグ扇風機は静音性が高く、寝る時やペットや小さいお子さんがいる家庭でも安心して使えます。コンパクトサイズで直径が小さいので風が当たる範囲が狭いデメリットはあるけれど、コードレスで軽くて持ち運びしやすいから浴室の脱衣所や部屋干し、アウトドアなどでサーキュレーターとしても活躍してくれます。
日用品

エアドッグmoiの口コミ!加湿器タンクの水を除菌してデメリットを解消

加湿器エアドッグmoiの参考になる口コミはまだありませんでした。ただ、エアドッグの空気清浄機は口コミ評判が高く、愛用者も多いので認知度が高まればレビューも増えてくるでしょう。加湿器タンク内は雑菌の温床。でも、エアドッグmoiなら最大の特徴である『タンクの水をオゾンで除菌して、きれいな水でお部屋の加湿が出来る』から安心です。
日用品

シロカ 温冷風扇なごみの口コミ!エアコンの代わりに使う際の注意点とは?

シロカ 温冷風扇『なごみ』はエアコンの代わりとして使えたり、キャスター付きで移動が出来たりというメリットは確かに感じられます。ただ、性能の高さはそれなりなので、エアコンの無い部屋やエアコン特有の冷たさや暖かさが苦手な人にはおすすめ出来るというイメージを持つのが良いでしょう。
日用品

炭八はどれがおすすめ?効果的な使用場所でデメリットを解消!

炭八はサイズがいろいろで使用場所によって効果の実感レベルが変わってきます。基本はタタミ1畳のスペースで12Lの大袋が目安となっているので、コチラを目安に適材適所で置くようにしましょう。サイズによって置く場所に悩むことの多いデメリットがありますが、もし、どれを選んだらいいか分からない時は定番セットがを選ぶのが無難です。
日用品

エアドッグミニなら車の中の空気もキレイ!選び方はコードレスの有無に注意!

高性能空気清浄機としてテレビCMでも話題のエアドッグ。家庭はもちろん、施設やお店、オフィスなどでも使われていますが、新しく持ち運べるタイプのエアドッグミニが登場しました。車の中のような密閉された空間でもキレイな空気になるし、カフェやワーキングスペースでの作業にも最適です。
日用品

コロナ 冷風衣類乾燥除湿機で電気代月2400円節約して部屋干ししよう

コロナ 冷風衣類乾燥除湿機の電気代は冷風モード1時間で約6.1円、除湿・衣類乾燥機モードで1時間約5.4円。 浴室乾燥や乾燥機の1時間当たりの電気代は30円前後と考えられているので、かなりの節電になることがわかりますね。 梅雨のジメジメした...
日用品

デュクス空気清浄機ブライトのフィルター交換目安は2年4ヶ月で長持ち!

デュクス空気清浄機ブライトはフィルターの交換目安が約2年4ヶ月と長持ち。だから、フィルター交換が面倒な方もお手入れに不満を感じません。また、デュクス空気清浄機ブライトはコンパクトでパワフルだから、玄関でもリビングでもどこで置いて使えます。
日用品

シロカかるポカは電気代を節約する工夫で満足度が高まるヒーター!

シロカかるポカは口コミ評判が高く、じんわり暖まるところや空気を汚さず乾燥しにくい点が人気。一方で電気代に関してはやや割高なので、その点が悪い評価となっていました。ただ、工夫次第でかるポカの電気代は節約できますよ!
日用品

アメトークで話題のダイニチ加湿器の選び方はライフスタイルに合わせて!

アメトークの家電芸人で土田晃之さんが紹介し話題になったダイニチの加湿器。アメトークではトレイカバーで使い捨てが可能なXLシリーズが紹介されましたが、ダイニチの加湿器はXLシリーズ以外にもおすすめがあるので選び方の参考にしてください。